花子とアン第139話のネタバレあらすじ!醍醐シンガポールへ

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」24週目第139話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第138話「今日限りで辞めます!」では、戦争のニュースを子供達に放送する事はできないと、花子が『こどもの新聞』を今日限りで辞めるストーリーでした。

花子とアンの第139話「醍醐シンガポールへ」では、醍醐が戦地の様子を見て記事を書くために、父親のつてでシンガポールへ旅立つストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年9月8日(月)放送
第24週サブタイトル『生きている証』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第139話のネタバレあらすじ

ここからは、9月8日に放送された朝ドラ「花子とアン」第139話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

村岡花子(吉高由里子)は9年間も続けてきたラジオのおばさんを、辞めることを決意する。
「子どもたちに、戦争の辛いニュースを伝えたくなかった」というのがその理由であったが、それと共に、この戦争によりカナダと敵対関係となってしまったことも花子にとって辛いことだった。
そんなある日のこと、大日本婦人会のグループ同士が喧嘩をしている場面に出くわす。
どちらが出征していく兵隊を見送るかで言い争っているようだった。
その中に、安東かよ(黒木華)や雪乃もいた。
かよの店では、客達がラジオの戦争に関するニュースを聞きながら、「連戦連勝だ」と、「祝杯だ!」と盛り上がってる。
お客が帰りひと段落ついたころ、花子はカウンター席で醍醐としばらく会話をする。
醍醐亜矢子(高梨臨)から、今夜の汽車で神戸に向い、そこから船で南方に行くと告げられる。
また、時同じくして隆一も旅立とうとしていた。
村岡美里(金井美樹)がラジオを付けると、花子に代わった有馬が子供向けの放送を話しているところだった。
その声は淡々と子供達も戦争に協力的でなければならないと語るのであった。

ここまでが、9月8日に放送された朝ドラ「花子とアン」第139話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第140話のあらすじを知りたい方は、第140話『軍関係の仕事』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第139話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第139話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン139話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第24週目第139話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。