花子とアン第6話のネタバレあらすじ!旅立ち

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」1週目第6話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第5話「本が好き」では、家族のために自分の心を押し殺していたはなだったが、母・ふじに本が好きだと打ち明けるストーリーでした。

花子とアンの第6話「旅立ち」では、周蔵から女学校行きを許されたはなが、学校で別れの挨拶をして東京へ旅立つストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年4月5日(土)放送
第1週サブタイトル『花子と呼んでくりょう!』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第6話のネタバレあらすじ

ここからは、4月5日に放送された朝ドラ「花子とアン」第6話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン6話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 三年の年季奉公が明け、吉太郎が帰郷する
  • 吉平との馴れ初めを語るふじ
  • 父の話に夢中になった気持ちは、本を読んでいる時と同じだと話す
  • はなを東京の女学校に行かせてほしいと頼むふじ
  • 学校でみなに別れの挨拶をする

ふじと吉平の出会い

1903年(明治36年)、長男・安東吉太郎(山崎竜太郎)が、三年の年季奉公を終え帰ってきた。

兄の帰郷に喜ぶ安東はな(山田望叶)や母・ふじだったが、父・安東吉平(伊原剛志)とは相変わらす折り合いが悪かった。

ある日、木場リンが、ふじはなぜよそ者で変わり者の亭主と夫婦になったのかと問うと、安東ふじ(室井滋)が語り始める。

その話をちょうど帰ってきたはなも一緒に聞いていた。

母は、行商で旅する父が聞かせる、行った事のない土地の話に夢中になったという。

はなは、そんな母の気持ちは、自分が本を読んでいる時に胸がわくわくするのと同じだと目を輝かせた。

はなの夢

はなの本を読みたいという情熱を改めて知ったふじ。

その夜夕飯の席で、ははの祖父・安東周造(石橋蓮司)に、はなを東京の女学校に行かせてほしいと頼む。

しかし、周造は何も答えず行ってしまう。

はなは周造のそばに座り、ずっとじいやんのそばにいると言った。

周造は、はなのおっかあは一度言い出したらテコでも動かないし、たまに噴火もすると話す。

そして、名前が「ふじ」だからなと言い、優しく微笑んだ。

同級生との別れ

翌朝、祖父・周造が、はなを東京の女学校へ行かせることを許してくれたとふじが駆け込んできた。

はなは、転校のするため、学校で別れの挨拶をする。

すると生徒たちが、初めてはなが学校へ来た時と同じように机の上に飛び乗り正座して、別れの言葉を口々に叫んだ。

みんなの激励に涙するはな。

こうして10歳のはなは、夢に向かって旅立っていった。

ここまでが、4月5日に放送された朝ドラ「花子とアン」第6話のあらすじのネタバレです。

東京へ向かったはなですが、いきなり退学の話をされるんですよね、、、

花子とアン第7話のあらすじを知りたい方は、第7話『落第点で退学!?』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第6話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第6話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン6話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第1週目第6話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。