純情きらり第1話のネタバレあらすじ!桜子、味噌桶に落ちる!落とした犯人は?

こちらでは、朝ドラ「純情きらり」1週目第1話のあらすじのネタバレや、純情きらりと原作の比較、感想をまとめています。

いよいよ始まりました!宮﨑あおいさんが演じる主人公・有森桜子の物語「純情きらり」

記念すべき純情きらりの第1話「桜子、味噌桶に落ちる」では、桜子が祖父の沖田徳治郎に連れられていった八丁味噌の蔵元「山長 」の味噌桶に落ちるストーリーとなっています。

朝ドラ『純情きらり』
2006年4月3日(月)放送
第1週サブタイトル『父の見合い』

純情きらりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「純情きらり」を見逃した方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)

朝ドラ『純情きらり』第1話のネタバレあらすじ

ここからは、4月3日に放送された朝ドラ「純情きらり」第1話のあらすじをまとめたネタバレです。

純情きらり1話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

有森家の人々

昭和3年(1928年)、愛知県岡崎市。

物語の主人公・有森桜子の父である有森源一郎は、東京で鉱物の研究をしていましたが、今は地元・岡崎の市役所の土木課で嘱託として働いています。

母・マサは、元教師。しかしすでに他界していて、窓辺に飾られた写真のなかでほほ笑んでいます。

よく晴れた冬の朝、有森家のなかでは、おてんば娘の三女・桜子が、末っ子の勇太朗をパチンコを手に追い回しています。

庭では、しっかり者の長女・笛子が洗濯物を干して、そんな二人を長女らしく叱りつけています。

玄関では、次女・桃子が玄関で床拭き掃除をしていて、逃げ回る勇太朗から蹴倒されますが、おっとりした性格の杏子は小さな声で、「いたっ・・・」とつぶやくだけ。

追いかけっこの姉弟は、仏壇に手を合わせる祖父・沖田徳治郎によって捕まり、そこへ二人の姉もやってきます。

みんな、今日は何の日だか知っているか?

だれも知らない様子。

今日は山長 (やまちょう)の味噌の仕込みをする日だ

今年は勇太朗を連れていくという祖父に、自分も行く!という桜子。

おてんばな桜子を連れていくと大変なのが目に見えている徳次郎は、苦笑い。

物静かな父と職人気質の祖父

書斎では、父・源一郎が蓄音機でジャズを聴きながら、鉱物を磨いています。

そこへ祖父・徳次郎が部屋に入ってきます。

またこんなもの聴いて!

そう言うと、流れていた音楽を止めてしまいます。

昔気質の徳次郎にはジャズは全く理解できない様子。

山長の味噌の仕込みに勇太朗を連れていくと聞いた源一郎は、思わず、「味噌の仕込みに、、、勇太朗を味噌職人にでもするつもりですか?」とちょっと愉快そうに言います。

味噌職人を馬鹿にされたように思った徳次郎は、「味噌屋より役人のほうが偉いとでも思っているのか!役所はなくなっても困らんが、うまい味噌がなくては飯が食えん!」と憤ります。

職人気質で快活な徳次郎と、大学でのインテリで物静かな源一郎とは、そりが合わないようですが、源一郎は気にすることなく、妻の父を受け入れています。

活気に満ちた味噌蔵

大きな味噌樽の並ぶ味噌蔵では、祖父・徳次郎が『山長』の味噌職人に指示を出していて、桜子も勇太朗も傍で見ています。

祖父・徳次郎は八丁味噌の老舗である『山長』の元味噌職人。

引退後も忙しい仕込みの時には、呼ばれて作業を仕切っていました。

多くの職人で活気あふれる味噌蔵の様子を目を輝かせて見ている桜子。

勇太朗、上ってなかを除いて見ぃ

祖父に言われて、勇太朗ははしごをのぼって大きな味噌樽をのぞいて見ます。

おじいちゃん!私にも見せて

興味深々の桜子は頼みますが、これは男の仕事だから駄目だと言われてしまいます。

本物のピアノ

仕方なく、桜子は味噌蔵を出て、ピアノの鍵盤が描かれた紙を取り出し、弾いているかのように指を動かします。

桜子は亡き母の影響で、ピアノが大好きで、いつもこの紙に描いた鍵盤を持ち歩いては弾いている気分に浸っていました。

ふと気が付くと、どこからかピアノの音が聞こえてきます。

音に導かれるように行くと、豪華な応接室で男の子がピアノのレッスンを受けています。

本物のピアノだぁ!」窓の外から魅入る桜子。

やがてレッスンが終わり、応接室には誰もいなくなりました。好奇心旺盛な桜子は、そっとなかに入り、ドキドキしながらピアノに触れてみます。憧れのピアノを弾いて嬉しさでいっぱいです。

何しとるの?

さっきピアノのレッスンを受けていた男の子が応接室に入ってきました。

男の子は、『山長』の長男・松井達彦です。

桜子は立ち上がり、慌てて部屋を出ていきます。

鍵盤の上には、桜子の『紙鍵盤』が忘れられていました。

山長の主人と女将

桜子が逃げ走ってくると、味噌蔵の入り口に座り込んでいる勇太朗に呼び止められます。

かくれんぼしよう!お姉ちゃんが鬼!

と言って走っていく勇太朗を追いかけます。

そのころ祖父や味噌職人たちは、長い机に並ぶ料理を囲み、仕込みの慰労会が開かれていました。

『山長』の主人・松井拓司と女将のかねが職人たちの前に現れます。

皆さんご苦労さん!朝からよう頑張ってくれました

そして、山長が繁盛しているのは、徳次郎という腕利きの職人と皆のおかげだと、気弱そうな主人の言葉を遮り、押しの強い女将のかねが、慰労の言葉をかけました。

味噌樽のなかへ!

勇ちゃん?

おとな達が慰労会で盛り上がっているころ、静まり返った味噌蔵に入り、隠れた勇太朗を探す桜子。

ふと、祖父に女だからという理由で、のぞくことが禁じられた味噌樽を発見します。

駆け寄ってはしごをのぼっていく桜子を、さっきピアノを弾いていた『山長』の息子・達彦が見かけます。

はしごをのぼりきって、味噌樽をうれしそうにのぞき込む桜子。

達彦はニヤッと笑みを浮かべます。ちょっと驚かしてやろうと味噌樽に駆け寄り、「やぁああああ!」と大声をあげて桜子がのぼっているはしごを揺らしました。

桜子はバランスを崩し、頭から味噌樽のなかへ落ちます。

た、大変だ!

叔母の登場

有森家の玄関では、泣きながら帰ってきた勇太朗に、何があったのか問い詰める父・源一郎と姉二人がいます。

桜ちゃんが味噌樽に落ちた?どうして?

勇太朗にきいても詳細がわからず、とにかく山長に行ってみようと慌てて玄関を出ていく父。

その時、誰かとぶつかります。

もう!何慌ててんのよ~

そこには歳の割に派手な雰囲気の女性が座り込んでいました。

あぁ!磯!お前なんでこんな時に帰ってくるんだよ

それは、源一郎の妹で桜子たちの叔母にあたる有森磯でした。

桜子が味噌樽に落ちて大変なのだと説明すると、

山長?あぁ、味噌が駄目になったとかって怒ってるんでしょ!山長の松井かね!昔からどケチで有名なのよ。兄さん、謝らなくていいからね!

と矢継ぎ早に話し、自分も山長に行く言ってと源一郎を引っ張って行ってしまいました。

説教に屈しない桜子

『山長』では、全身味噌まみれの桜子が、女将のかねから説教を受けていました。

味噌樽に落ちるなんて前代未聞です!このひと樽分、200人が一年間味噌汁が飲める量の味噌が駄目になったんですよ!

子供相手に強く説教する女将の横で、『山長』の主人・拓司がおろおろとしています。

説教をされてもぶ然とした態度でつっ立っている桜子の前で土下座して謝る祖父・徳次郎。

おい、桜子!お前も謝れ!

それでも自分が悪いわけではない!と言わんばかりに口をへの字に曲げて黙っている桜子でした。

ここまでが、4月3日に放送された朝ドラ「純情きらり」第1話のあらすじのネタバレです。

純情きらり第2話のあらすじを知りたい方は、第2話『勇太郎のお見合い話』へ読み進めてください。

朝ドラ「純情きらり」第1話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純情きらり」第1話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

純情きらり1話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「純情きらり」第1週目第1話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、純情きらり第1週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。
第1週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

純情きらり第1週目のネタバレあらすじ

1話放送の純情きらり第1週「父の見合い」のあらすじは、妻・マサを亡くして男で一人で育てていた勇太郎に、見合い話が舞い込むも桜子が再婚することに反対し、結局再婚をあきらめるストーリーとなっています

第1週のあらすじを一気に知りたい方は、純情きらりの第1週「父の見合い」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。