純情きらり第48話のネタバレあらすじ!桜子と距離が縮まった翌日に母かねがマロニエ荘に!

こちらでは、朝ドラ「純情きらり」8週目第48話のあらすじのネタバレや、純情きらりと原作の比較、感想をまとめています。

純情きらりの第47話「レッスンから除名される!?」では、岡崎で洋装店を開いた磯のもとに、かねが来店してきて、達彦の本当の下宿先のことを知っている風に話しかけるストーリーでした。

純情きらりの第48話「かねがマロニエ荘に!」では、桜子は、自分の夢を応援してくれる達彦に感謝して、2人が急接近するストーリーとなっています。

朝ドラ『純情きらり』
2006年5月27日(土)放送
第8週サブタイトル『初めての連弾』

純情きらりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『純情きらり』第48話のネタバレあらすじ

ここからは、5月27日に放送された朝ドラ「純情きらり」第48話のあらすじをまとめたネタバレです。

純情きらり48話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 西園寺が桜子の潜在能力を証明してみせる
  • 笛子からの手紙に達彦がかばってくれたことを知る
  • 働いたお金で達彦にシルクハットをプレゼントする
  • 背中を押され、母・かねにドイツ演奏旅行のことを話してみると約束する
  • ずっと味方だと約束し、頬に誓いの口付けをする
  • 楽しそうにピアノを連弾する
  • 翌朝、玄関の外を見ると母・かねの姿があった

即興の能力

西園寺が弾いた曲を即興で弾くよう言われた有森桜子(宮﨑あおい)

桜子は臆することなくピアノに向かい、先ほど聴いたばかりの曲を弾き始めた。

即興で弾く桜子を見て驚く岩見沢るり子(初音映莉子)と松井達彦(福士誠治)

次に西園寺公麿(長谷川初範)は、自由にアレンジして曲を弾くようリクエストする。

それを見事に再現する。

桜子は、非常に耳がよく、音楽を即興でアレンジする特別な能力を持っていたのだ。

それを見抜いていた西園寺は、若い芽をつぶさないで欲しいという。

敗北感に耐え切れなくなったるり子は、何も言わずに部屋を飛び出した。

手紙

マロニエ荘に帰ると、有森笛子(寺島しのぶ)からの手紙が届いていた。

その手紙には、笛子が桜子を岡崎に連れ戻そうとした時、達彦が誰よりも桜子をかばっていたことが書かれていた。

そのことを知った桜子は、ドイツ演奏旅行への思いを断ち切れずにいる彼のために何かしてあげたいと思うようになる。

ドイツ行きの餞別

定食屋で働いていた桜子は、店主から給料を受け取った。

達彦が夜マロニエ荘に戻ると、桜子がピアノの練習をしている。

そのまま素通りして部屋に向かうと、部屋の前には箱と手紙が置いてあった。

それは桜子からの手紙で、ドイツには必ずいってほしいと書かれており、ドイツ行きの餞別として、シルクハットをプレゼントしたのだった。

ランチルームに戻った達彦は、桜子の気持ちに背中を押され、ドイツ演奏旅行のことを母親に話してみると約束する。

そして、桜子は、これからもずっと達彦の味方だと約束し、彼の頬に誓いの口づけをした。

ちょうど杉冬吾(西島秀俊)が大作を完成させた頃、ピアノのメロディーが聴こえてきた。

冬吾がランチルームをのぞき込むと、二人が楽しそうにピアノを連弾している姿を目にする。

二人の距離がほんの少し縮まった夜だった。

かねの襲来

翌朝、冬吾と挨拶を交わす達彦。

玄関の外を見るとそこには母・松井かね(戸田恵子)の姿が。

達彦が血相を変えてランチルームに飛び込んできて、母親が来たことを知らせる。

二人が同じ屋根の下に住んでいることを全く知るよしもなかったのだ。

ここまでが、5月27日に放送された朝ドラ「純情きらり」第48話のあらすじのネタバレです。

突然かねがマロニエ荘に来ましたが、嵐のような展開になっていくんですよね、、、

純情きらり第49話のあらすじを知りたい方は、第49話「ドイツ旅行お断り!」へ読み進めてください。

純情きらりと原作の比較

こちらは、純情きらり42話と原作の比較です。

全話の原作との比較については「朝ドラ『純情きらり』の原作との違いは?徹底比較まとめ」でまとめています。

かねがマロニエ荘にきた話は本当か?

純情きらりでは、かねが突然マロニエ荘にやってきましたが、原作ではそういった話はありません。

原作では、松井家の話はほとんどありませんので、松井家のストーリーはほぼオリジナルストーリーです。

朝ドラ「純情きらり」第48話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純情きらり」第48話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

逆転満塁ホームラン!

まさかの逆転満塁ホームラン!

即興演奏がまさかの神シーンでにぎわっていましたw

るり子を見事の撃破しましたね。

あまりのショックででていくパターンはあるあるですが、敗北感で飛び出しちゃう辺りがやっぱり小物って感じですね。

それにしても、最後にはるり子さんのこともきっちりフォロー入れる西園寺は先生の鑑です!

仕送りいりません!

あんだけお金がないお金がないといっている有森家の面々ですが、仕送りはするわ、小洒落た帽子を買ってプレゼントするわ、実はお金そこそこあるんじゃない!?

まぁ桜子の場合は仕送り入ったからちょっと余裕ができたと思っているんだろうけど、結局仕送りのお金を生活費に回したなら、帽子のお金は仕送りのお金で買ったようなもんですよ。

斉藤先生のときといいプレゼントは帽子と決まっている朝ドラ「純情きらり」w

そこは口でしょう!

流れでほっぺにチューして、急にいちゃつきだす。

冬吾の『口づけ』の話は伏線だと思っていたのに期待はずれ!

『口づけ』したことないという桜子がここで、初めて『口づけ』するあらすじでしょ普通。

しかも、純情きらりガイドブックには、ちゃんと唇にファーストキスしたとあらすじに書いてあるのに、事務所からストップされましたか!?

すごく期待していたのに残念でした、、、

口づけしなかったから、なんとなく魔性の女みたいな感じになってたしw

以上が、朝ドラ「純情きらり」第8週目第48話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、純情きらり第8週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。
第8週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

純情きらり第8週目のネタバレあらすじ

48話放送の純情きらり第8週「初めての連弾」のあらすじは、薫子と再会した桜子は、かつて婚約していた斉藤と再会するチャンスを得るも斉藤は現れず。そんな折、桜子がダンスホールに通っていることが西園寺塾で問題になるも達彦がかばい西園寺に働きかけるストーリーとなっています

第8週のあらすじを一気に知りたい方は、純情きらりの第8週「初めての連弾」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。