エール第7話のネタバレあらすじ!がんくつ王健闘むなしく演目は竹取物語に決定!

こちらでは、朝ドラ「エール」2週目第7話のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

エールの第6話「鉄男との別れ」では、裕一と鉄男が心を許し仲良くなるところに、鉄男が夜逃げするストーリーでした。

エールの第7話「竹取物語でおじいさん役に」では、子供時代の音の話に替わり、父・安隆の愛を感じるストーリーとなっています。

朝ドラ『エール』
2020年4月7日(火)放送
第2週サブタイトル『運命のかぐや姫』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『エール』第7話のネタバレあらすじ

ここからは、4月7日に放送された朝ドラ「エール」第7話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール7話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 父・安隆の仕事について音
  • 教会に立ち寄って賛美歌を聴く二人
  • 音が聖歌隊と一緒に歌を歌う
  • 音が歌っている教会に裕一がやってくる
  • 安隆は、後悔しない人生を送ってほしいと願っている
  • 毎日にようにケンカする吟と音
  • 女、子供という言葉が大嫌いな音
  • 学芸会の演目に『竹取物語』を提案する音
  • 毎週木曜日に銭湯に行き、帰りにだんご屋に立ち寄る関内家
  • かぐや姫に選ばれずにふてくされる音を慰める安隆
  • 教会で琴を披露する予定を忘れていた二人
  • 教会で運命の出会いをする音

団子を楽しむ関内親子

団子をおいしそうに食べている女の子は、清水香帆演じる関内音

父・安隆の仕事についてきて、福島の川俣を訪ねていました。

光石研演じる関内安隆

これは、どうだ?

お父さんスペシャルだ。

と言って、みたらしとよもぎを交互に刺しただんごを音に見せると

あっ、これいい!

と喜びます。

団子を楽しむ前の教会にて

大好きなおだんごを楽しむ前に、教会に立ち寄っていた関内親子。

教会に入ると聖歌隊が、賛美歌第312番「いつくしみ深き」を歌っていました。

それを見た音が、安隆に

あたしも歌いたい。

といいます。

安隆が

えっ、あそこでか?

というと音がうなずきます。

よし 行っといで。

音が安隆の手を握り一緒に行こうとすると

自分で行きなさい、音。

と一人で行かせようとします。

音は少し不安そうな顔をしますが、

大丈夫、なんとかなるから。ほら。

とやさしい口調で音を安心させました。

裕一との運命の出会い

音が聖歌隊の中に歌っているときに、石田星空演じる古山裕一も賛美歌の歌に引き寄せられて教会に入ってきました。

裕一が見たものは、聖歌隊の真ん中で歌っている姿です。

歌い終わると音は裕一のほうを見て笑顔で手を振ります。

裕一も笑顔で手を振りますが、実は裕一の目の前で手を振っていたのが父・安隆です。

父・安隆の言葉

初めは恥ずかしかったけど、やってよかった!

音は満足そうでした。

うん。お父さん思うんだ。

やらずに後悔するより、やって後悔した方がいいってな。

安隆は、音に後悔しない人生を送ってほしいと願っているようです。

さっき音のおかげで教会のみんなが元気になっただら。

すごいわ~音。

続けて、音を褒めます。

調子になった音は

それじゃ、ご褒美にもう一本!

と団子をねだります。

う~ん。今日は特別だ!

と甘やかす安隆。

大正十一年 愛知・豊橋にて

私のでしょ!返して

本間叶愛演じる吟の声が響き渡ります。

いいじゃん!減るもんじゃないんだし!

やだ!あたしだってまだ読んでないもん!

音と吟は、おしゃれ雑誌の取り合いをしていました。

音から奪い取った吟は

もう!自分で買えばいいじゃん!

と突き放します。

同じものが2冊あってもしょうがないじゃん!

と言い合いは続きそうです。

すると隣で本を読んでいた新津ちせ演じる梅

そりゃそうだ。

とぼそっと一言。

そもそもこれはおしゃれの雑誌。あんたみたいな子どもにはまだ早い。

もう11歳だもん!

100年早い!

100年たったら111歳じゃん!

とまだまだ言い合いは続きます。

するとまた梅が

確かに。

とぼそっと一言。

言い争いをしていると、薬師丸ひろ子演じる関内光子

ごはんよ! はやく下りてらっしゃい。

と1階の階段から大きな声で伝えます。

梅は、そそくさと1階へいく去り際に

あんねえ、 2人とも少し こういうもんでも読んだら?

といって降りていきました。

音が見せた本は、芥川龍之介の「鼻」です。

そんなのお構いなしに

取った!

ちょっと年功序列って言葉知らんの!?

とまだ喧嘩しています。

1階でまっている安隆と光子は、あきれている様子。

新聞の記事を見ながら

『元始 女性は太陽であった』か。

と安隆が言います。

うちの太陽は、やかましいな

という安隆はなんだか楽しそうでした。

光子は、全く毎日毎日とぶつぶつ言いながら台所へ戻っていきました。

関内家の朝

主よ この食卓を祝したまえ。アーメン。

よし、食べようか。頂きます。

関内家はキリシタンで、毎朝祈りを捧げてから朝食が始まります。

音の父・関内安隆は、元陸軍の獣医で、今は主に軍に納品する馬具を卸す会社を経営していました。

家族は、父・安隆と母・光子、姉の吟、妹の梅の5人家族で、音は次女になります。

音は、豊橋の町で家族に囲まれながらすくすくと自由に育っていました。

学校にいく音

作業場では、従業員と安隆が仕事の話をしています。

学校へ行く音は安隆に気づき、作業場を覗き込んでいました。

こら!ここは、女、子どもが入っていい場所じゃねえずら。

吉原光夫演じる馬具職人頭の岩城新平が音に怒鳴ります。

音はびっくりして走って逃げていきました。

音は『女、子ども』という言葉が大嫌いでした。

『男、子ども』って誰も言わんのに。

と愚痴をいいながら、学校へ向かいます。

当時は、大正デモクラシー華やか頃とはいえ、まだまだ封建的な風土が残っていました。

当時の根強い男尊女卑社会であったことが伺えます。

大正デモクラシーで、女性たいが日本の男尊女卑社会に歯向かい始めた時代でもありましたが、やはりまだまだ平等といえるまでの道のりは長い時代ですね。

学芸会の演目に物申す音

ある日、音のクラスでは、最高学年恒例の学芸会の演目を決めることにしました。

ご父兄もお見えになる大切な行事だで一生懸命取り組むように。

音の担任の熊谷先生が来月行われる学芸会の話をしていました。

その演目であるが、職員会議において1組は桃太郎、2組は猿蟹合戦に決まった。

で我が組であるが、、、

と熊谷先生が演目を発表しようとした瞬間、音が

熊谷先生!

が手を上げます。

あたしたちの演目を多数決で決めるのはどうですか?

と提案する音。

我が組は、ただ一つの女子の組です。

女子が輝ける出し物をやった方がいいと思います。

と主張する音。

いや、だからもう職員会議で浦島太郎に決まったで。

と熊谷先生が言うと児童たちがええーーーと大ブーイング。

そんな中、音が演目について提案します。

私、女子の組の過去の出し物をちょっと調べたんです。

かさじぞう、はなさかじいさん、おむすびころりん、したきりすすめ、こぶとりじいさん

ほとんど、おじいさんの話です。 ひどくないですか?

結構、現代っぽいしゃべり方で、熊谷先生に問いかけます。

浦島太郎は若い男が主人公だぞ。

と反論すると、すかさず

最後はおじいさんです。

とこたえる音。

竜宮の娘がいっぱい出るぞ。

というと

先生! 出し物をするのは私ら。

と一歩も引きません。

私たちに決めさせてもらえませんか?

の音の一言で、児童たちが賛成!賛成!と声を上げます。

まいったなーという表情で、熊谷先生が折れ、

分かった分かった。 それじゃ何がいいんだ?

と質問します。

すると待ってましたと言わんばかりに音が

先生とっておきのがあります。女性が主役の物語。

と言います。

演目は竹取物語に決定!

黒板には、3つの候補と投票数が書かれていました。

浦島太郎 4
がんくつ王 2
竹取物語 24

演目に決まったのが、音が提案した『竹取物語』でした。

竹取物語は、平安時代初期に制作されたとされる日本の物語です。

現代では、「竹取物語」の名称で有名ですが、平安時代には「竹取の翁」「かぐや姫の物語」、鎌倉時代には「竹取」「たけとり」、室町時代には「竹取翁」と呼ばれていました。

黒板を見ながら、小岩井教頭は

デモクラシーというやつかな?

最近の子どもは 変に知恵があっていけませんな~。

と愚痴をこぼします。

すみません、教頭。

と罰が悪そうな熊谷先生に

誰が言いだしたんですか?これ

と厳しい顔の小岩井教頭。

だんご屋でくつろぐ関内家

関内家では、毎週木曜日に銭湯に行き、帰りにだんご屋に立ち寄るのが習慣のようです。

あの堅物先生をやっつけるなんて、さすが音

と吟が褒めます。

それを聞いた光子は

吟、いいかげんにしなさい。

と注意します。

音が

お父さんお母さん、 学芸会見に来るでしょ?

と聞くと

ああ! 絶対行く。

と安隆の言葉にとてもうれしそうな表情です。

それで、あんた何やるか決まったの?

と吟が音に聞くと

うん。多分かぐや姫

と答える音。

その話を聞いて皆びっくりします。

だって 友達みんな音しかおらんって。選ばれると思う。

音は自分がかぐや姫をやることを疑いもしない様子です。

あんたに、 あんなおしとやかな役ができるわけないじゃん。

できるもん!

また言い合いをしている音と吟でした。

家にもどると梅が

ちゃんと読んどった方がいいよ。 主役やるんなら。

と竹取物語の本を貸してくれました。

音はありがとうといい、竹取物語の本を読み始めます。

父に慰められる音

竹取物語の役が決まる日。

まだ、音からの報告がない安隆は、心配して音を探します。

音を見つけた安隆は、どうしたとと近づきます。

選ばれんかった、かぐや姫

先生が勝手に決めた

かぐや姫役に選ばれなかった音はひどく落ち込んでいました。

うん。で、音は何役だ?

と、安隆が聞くと

おじいさんその2

と答える音。

おじいさんその2?

一瞬何の役は分からなかった安隆は

おじいさん、、、

と一呼吸おいたあとに思わず笑い出します。

そんな父を見て音はひどい!と詰めよります。

安隆は、ごめんごめんと謝りました。

学校のみんなも あたしがいいって 言ってくれたんだよ。

だから、、、

といって、音は練習していたかぐや姫の役をはじめました。

今から、私の言う 世にも珍しい宝物を 持ってきた人のところへお嫁に行きます。

あなたは仏の御石の鉢を。

そちらのあなたは蓬莱山にある玉の枝を。

それを見て安隆は笑います。

せっかく 梅がくれた竹取物語を一生懸命読んだのに。

音は残念そうです。

おじいさんの役は嫌か?

安隆がいうと

嫌だよ! だって『これはなんとかわいい子じゃ』って。それだけだよセリフ。それかぐや姫関係ないじゃん。桃太郎でも使えるよ。

と訴えます。

安隆は優しい口調で少し笑みを浮かべて

そうだな。

と音の気持ちを察します。

それでも、音がかぐや姫だったら、おじいさん役は誰か他の人がやるんだよな?

その人が嫌々演じていたらどう思う?

と音に質問します。

「ちゃんとして」って思う。

だろ?人にはみんな役割がある。

誰もが主役をやれるわけじゃない。 だけど、主役だけでもお芝居はできない。

必ずそれを支える人がいるんだ。

安隆の言葉を理解しても気持ちはまだ子供の音。

そんでも、わたしは、、、

大人になりきれない音に安隆は言います。

今回は残念だった。だけど、何の役だろうと父さん 楽しみだよ。

とやさしく話しかけます。

うそばっか。

本当

と二人で笑うとあっ!と安隆が何かを思い出しました。

はっ!もうこんな時間だ!

あ~!

二人は駆け足である場所に向かいしました。

音は教会で、琴の演奏を披露する予定だったのです。

音たちは、教会の中に駆け込みました。

すると、その時でした。

教会の中央に歩いている女性に見惚れます。

そこにいたのは、世界的なオペラ歌手の柴咲コウ演じる双浦環でした。

環の歌声は教会中に響き渡ります。

それは、音にとって生涯忘れることのない瞬間でした。

ここまでが、4月7日に放送された朝ドラ「エール」第7話のあらすじのネタバレです。

学芸会がかぐや姫に変更されたものの「おじいさんその2」になってショックを受けていましたが、双裏環から「まし」って言われるんですよね、、、

エール第8話のあらすじを知りたい方は、第8話『オペラ歌手双浦環との出会い』へ読み進めてください。

エールと実話の比較

こちらは、エール7話と実話の比較をまとめたものです。

音と裕一が教会で出会った話は実話か?

エールでは、教会で音と裕一が初めての出会いを果たしましたが、これは創作ストーリーの可能性が高いです

古関裕而さんに関する書籍を確認しても、教会で出会った話は一切ありません。

あらすじのネタバレになりますが、古関裕而さんと関内音のモデル・古関金子さんが出会ったきっかけは、裕而さんが国際作曲コンクールで入賞したことです。

よって、教会で出会った話は、実話ではなく、創作ストーリーの可能性が高いです。

安隆が陸軍に馬具を卸す仕事をしていた話は実話か?

エールでは、安隆が関内馬具店を構え、陸軍に馬具を卸す仕事をしていましたが、これは実話です。

関内音のモデルは古関金子さんで、関内安隆のモデルは金子さんの父・内山安蔵さんです。

内山安蔵さんは、馬具を作る工房を持っていて軍に卸す仕事をしていました。

しかし、作っているものが違います。

こちらについては、「【エール実話】安隆が馬具製造販売会社を経営していたのは本当!?いえ、作ってるものが違います!」で詳しくまとめています。

朝ドラ「エール」第7話の感想まとめ

朝ドラ「エール」の感想
こちらは、朝ドラ「エール」第7話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

さて、エール7話では、子供時代の音の話に替わり、父・安隆の愛を感じる回でした。

安隆と梅の親子愛

第7話では、父・安隆の愛を感じるストーリーでしたね。

光石研さんは、朝ドラ「おしん」で、おしんの奉公先である材木問屋で勤める若者・定次役をした経験がありますが、ヒロインの父親役に抜擢されるほどの役者さんですね。

それ以外にも「ひよっこ」では福翠楼の店主・福田五郎役、「ゲゲゲの女房」ではこみち書房の美智子さんの夫・田中政志役を演じています。

お団子を食べる親子の楽しいひと時も自然な雰囲気で仲むつまじいですね。

音が歌いたいといったときも安隆の愛を感じました。

歌いたいという音に対して否定もせずに、子どもの才能の芽を摘まないタイプの父親といったところでしょうか。

それと、最後に親子で駆け込んだ教会は、多分、明治村にある聖公会の聖ヨハネ教会堂ですね。

柴咲コウさんの歌声も鳥肌が立ちました。

さすがプロです!

裕一と音との出会い

どういう流れで、ど真ん中で歌わせてもらえたのだろうとツッコミたくなりますが、この時が、裕一と音が初めて出会った瞬間です。

まだ、この時点では、お互いが意識することなかったですが、この2人が後に夫婦となるとは、まだ誰も知る由もありません。

学芸会の演目

学芸会の演目を多数決で決めようとする音。

多数決と言えば、朝ドラ「スカーレット」でも結婚を多数決で決めていたシーンがありましたねw

小岩井教頭の厳しい顔を見たときは、明らかに、何か良からぬことを考えている顔だと思っていましたが、やはりといったところですか。

先生が勝手に決めたというよりは、小岩井教頭が命令したんでしょうね。

あの子悪党め!めげるな音!

そんな音に安隆がかけた言葉もよかったです。

だけど、何の役だろうと父さん 楽しみだよ。

これは、父としての本心だと感じるシーンですね。

子供がどんな役だろうと、わが子が演じていれば、どれも楽しみなのは皆同じです。

家族でお団子屋さん

梅が自分が主役のかぐや姫を務めるといったシーン。

みんなが、

本当?」「ええっ?

というリアクションのところ、

お~!

っと一人だけ違うリアクションをする安隆。

なんだか、親ばか丸出しの父親ですね。

娘の言葉を疑うことをしないw

しかし、「私がかぐや姫に選ばれるのが当然」という態度は、ちょっと父親とは違い、生意気に育っている感じの音ですね。

安隆の言葉

やらずに後悔するより、やって後悔した方がいいってな。

安隆は、音に後悔しない人生を送ってほしいと願っているようです。

「やらずに後悔するより、やって後悔した方がいい」という言葉で、朝ドラ「花子とアン」で朝市が同じこと言っていたのを思い出しましたw

調子に乗った音に

う~ん。今日は特別だ!

と甘やかす安隆を見ると、どの父親も娘には弱いなーと感じるシーンでした。

以上が、朝ドラ「エール」第2週目第7話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第2週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。
第2週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第2週目のネタバレあらすじ

7話放送のエール第2週「運命のかぐや姫」は、父親を事故で亡くした音が、学芸会の当日かぐや姫役で登場して涙するストーリーとなっています

第2週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第2週「運命のかぐや姫」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。