朝ドラ「エール」及川志津雄役は田中偉登

NHK朝ドラ「エール」の及川志津雄役は田中偉登さんです。

スポンサーリンク

朝ドラ「エール」及川志津の役柄

及川志津雄は、呉服屋「喜多一」の店員の一人です。

三郎の後に裕一と浩二のどちらが店を継ぐのか気にしている小心者でもあります。

田中偉登さんは、2000年1月24日大阪生まれの男性の俳優です。

中学までは生まれ故郷の大阪におり、その後上京しています。

幼少時に読者モデルをやっており、ファッションショーに出演した事がきっかけでスカウトされ、アミューズに所属していました。

幼少期から読者モデルの仕事をやっている事から、年齢的にはまだ若いですが既に芸歴は10年以上です。

そして2016年に現在の事務所であるaoaoに移籍しています。

移籍した経緯としては、田中偉登さん本人がaoaoに手紙を送った事がきっかけです。

aoaoには田中偉登さんが好きな俳優が所属しており、履歴書を送った所面談で、マネージャーに会った瞬間この人と一緒にやっていきたいと感じ、移籍を決断したとインタビューで語っています。

身長さんは172センチで、顔が非常にイケメンで、チャームポイントは口です。大きく自然とアヒル口が出来る事から、特に女性から若手イケメン俳優として人気です。

性格は天真爛漫で、少年時代は歩きながらヘッドホンで音楽を聴き、歌いながら歩くのが大好きでした。

人見知りもあまりしないタイプなので、初対面の人ともすぐに打ち解けられるというのが大きな特徴であり魅力でもあります。

また負けず嫌いでもあり、自分がたとえ撮影現場で一番年齢が下であっても、先輩俳優に負けないように演技で張り合うという気持ちの強さを持っています。

趣味はキックボクシング、特技はダンスやバスケットボールという事で体を動かすスポーツ系が得意です。

またスプレーアート等絵を描く事も特技で、さらに写真を撮ったり、料理を作ったりする事もあるので、運動以外にも幅広く興味を持っている事が分かります。

加えてコーラをいくらでも飲む事が出来るという特技も持っている事から、ユーモアセンスも見受けられます。

ちなみに好きな食べ物は唐揚げで、嫌いな食べ物は大根です。

田中偉登さんは2012年にドラマデビューすると、同年5月に映画デビューも果たし、さらに同年8月にも映画に出演にする等、いきなり立て続けに登場しています。

その後もドラマや映画等にコンスタントに出続けており、今年もNHKの朝ドラに加えて、出演する映画の公開も控えています。そして将来の夢はハリウッド俳優という事です。

それでは田中偉登さんがこれまで出演してきた作品を具体的に見ていきましょう。

まずテレビドラマですが、「仮面ライダーガイム」、「家政夫のミタゾノ」や「相棒シーズン15」そして今年のNHKの朝ドラ「エール」と有名作品が多いです。

まだ若いのにもかかわらず、早くもNHKの朝ドラまで出演を果たしていますが、まだまだ主役級のキャラクターを演じるという事には至っていません。

それでもこれから演技の上達と共に大きな役どころをもらえるのではと見られています。

またテレビのバラエティ番組の再現VTRにもたびたび出演し、その都度ネットでは話題になっています。

映画では「宇宙兄弟」や「るろうに剣心」、「コーヒーが冷めないうちに」や「惡の華」そして「カツベン」、「朝が来る」等どれも有名な作品ばかりです。

その中でも特に視聴者が印象に残っているのは、「るろうに剣心」で演じた明神弥彦役です。

原作では生意気な中にも芯が通った少年のキャラクターなのですが、田中偉登さんは非常にうまく演じ切れており、ぴったりの配役と評価されています。

ちなみにこの作品に出演したのがきっかけで、生涯を通じて役者をやっていこうと決意しています。

このように芸歴も長く沢山の作品に出演していますが、まだ年齢的にも若く知名度はこれからなので、5年後10年後にどうなっているかが注目される俳優の1人です。

 

 

及川志津のモデルは?

 

田中偉登のプロフィール

田中偉登は、大阪出身の2000年生まれです。

幼少の頃から読者も出るをしており、「13歳のハローワーク」でドラマデビューを果たした後は、「宇宙兄弟」「るろうに剣心」と次々と映画にも出演しています。

趣味はキックボクシングで身体もかなり鍛えているみたいですね。

田中偉登は、大阪府生まれの20歳の俳優です。幼少時に読者モデルをしており、その縁でアミューズに所属していましたが、現在はaoaoに移籍しています。テレビ朝日のドラマ「13歳のハローワーク」の小暮鉄平役でドラマデビューし、映画「宇宙兄弟」で映画デビューを果たしました。また、実写映画である「るろうに剣心」では、明神弥彦を演じています。さらに、NHKの連続テレビ小説やPayPayのCMにも出演するなど、活動の幅を広げています。