花子とアン第100話のネタバレあらすじ!甲府へ身を隠す

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」17週目第100話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第99話「腹心の友復活!」では、蓮子を訪ねた花子が、いつでも蓮子の味方だといって、改めて腹心の友となるストーリーでした。

花子とアンの第100話「甲府へ身を隠す」では、花子は、身ごもった蓮子を連れて、甲府の安東家に身を隠すストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年7月24日(木)放送
第17週サブタイトル『腹心の友ふたたび』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第100話のネタバレあらすじ

ここからは、7月24日に放送された朝ドラ「花子とアン」第100話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン100話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

花子が龍一のいる下宿に歩を連れて差し入れをしに通い続け、蓮子が龍一の子を授かる。

二人が駆け落ちをして8か月たった大正11年の初夏、二人は龍一の父の古い友人である山川弁護士の元に身を寄せていた。

花子が英治を連れて潜伏先を訪ねに行くと二人が一緒に生まれてくる子供の名前を考えているところで、名前がなかなか決まらないのだという。

蓮子は花子と過ごした女学校時代を思い出し、名前の大切さに気が付くのである。

子供が生まれてくることが他の師である一方、自分のことを必死で探している者たちのことを考えると不安を感じてしまう。

山川弁護士が二人のことを案じていると花子が甲府の実家に隠れてはどうかと提案をする。

同じ頃醍醐がカフェー・ドミンゴで宇田川満代に古い因習で苦しんでいる蓮子を題材にして小説を書いて同じような境遇の女性に希望を与えてほしいと勧めていたが、共感するものがない、そんなに言うのなら自分が書けばいいといわれてしまう。

花子が蓮子を連れて甲府に帰った後、龍一は子供の名前を考えていると、戸を叩く音がするので開ける。

そこには蓮子を探しに来た嘉納伝助が立っていた。

ここまでが、7月24日に放送された朝ドラ「花子とアン」第100話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第101話のあらすじを知りたい方は、第101話『伝助と龍一』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第100話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第100話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン100話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第17週目第100話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。