花子とアン第104話のネタバレあらすじ!想像の翼を広げてみて

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」18週目第104話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第103話「純平の誕生」では、葉山家に幽閉された蓮子が出産し、龍一が純平という名前をつけるストーリーでした。

花子とアンの第104話「想像の翼を広げてみて」では、幽閉されている蓮子に、希望を見失いそうになったら想像の翼を広げてみてと励ますストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年7月29日(火)放送
第18週サブタイトル『涙はいつか笑顔になる』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第104話のネタバレあらすじ

ここからは、7月29日に放送された朝ドラ「花子とアン」第104話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

 

醍醐の助けを借りたことで村岡花子(吉高由里子)は葉山家に忍びこむことに成功する。
嘉納蓮子(仲間由紀恵)を見つけると駆け寄り久しぶりの再会に喜ぶ二人。
花子が蓮子を励ましていると、葉山園子(村岡希美)がまだいたのかと不機嫌にやってきた。
花子は、自由にしてあげてほしいと強く訴え、頭を下げる。
誰もいなくなった部屋で蓮子は、花子が励ましてくれたように、夢を諦めないと改めて胸に誓った。
花子が家にかえると、龍一に蓮子との面会の様子を報告した。
蓮子の様子を聞いた宮本龍一(中島歩)は、赤ちゃんの世話を乳母がしていると知り心配する。
そんな龍一に花子は心配しなくていいと言葉をかけた。
一方、醍醐亜矢子(高梨臨)は、蓮子の半生記を記事にするために生い立ちからずっと調べていた。
それから数日後のある夜。
蓮子は、一人部屋であることを考えていた。
「もし希望を見失いそうになったら想像の翼を広げてみて」という花子の言葉を思い出し、実行しようとしていたのだ。

ここまでが、7月29日に放送された朝ドラ「花子とアン」第104話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第105話のあらすじを知りたい方は、第105話『郁弥のプロポーズ』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第104話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第104話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン104話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第18週目第104話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。