花子とアン第113話のネタバレあらすじ!青凜社の誕生

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」19週目第113話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第112話「蓮子のケジメ」では、伝助とばったり再会した蓮子が屋台に誘い、さよならを伝えケジメをつけるストーリーでした。

花子とアンの第113話「青凜社の誕生」では、友人や伝助の力添えで、新しい出版社『青凜社』を立ち上げるストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年8月8日(金)放送
第19週サブタイトル『春の贈りもの』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第113話のネタバレあらすじ

ここからは、8月8日に放送された朝ドラ「花子とアン」第113話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン113話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

平岡家の印刷工場が倒産し、苦しい日々を送る花子と英治であったが、その努力が実り新たな出版社を立ち上げるところにまでこぎつけた。

その出版社の名前が青凛社と名付けられ、万感の思いで看板を掲げる。

その設立を聞きつけ、早速甲府の朝市と武から予約注文の依頼をもらうことになる。

英治は平祐から印刷機の操作に関する手ほどきを受け、ついに青凛社の初めての作品である書籍「王様と王子」が完成した。

郁也の遺影に本を供え、平祐が様々な思いから涙を流す。

一方花子は、かよにも出来上がった本を渡し、その感激を分かち合うことになる。
明くる日、富山先生とブラックバーン校長が平岡家に訪ねてきた。

2人は青凛社が出版した本により、学校の子供たちが心が明るくなったとその思いを伝えにわざわざ平岡家まで訪れたのだ。

感激する花子。必死の思いで印刷所を再建し、夢が叶ったと同時に様々な人の役に立つと、思いが多くの人に伝わったことを感じた瞬間であった。

ここまでが、8月8日に放送された朝ドラ「花子とアン」第113話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第114話のあらすじを知りたい方は、第114話『2年後』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第113話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第113話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン113話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第19週目第113話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。