花子とアン第118話のネタバレあらすじ!花子姿を消す

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」20週目第118話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第117話「歩の突然の死」では、高熱を出した歩を病院に連れて行くと疫痢と診断され、命を落とすストーリーでした。

花子とアンの第118話「花子姿を消す」では、徹夜で翻訳していた花子がいつの間にかいなくなるストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年8月14日(木)放送
第20週サブタイトル『海にかかる虹』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第118話のネタバレあらすじ

ここからは、8月14日に放送された朝ドラ「花子とアン」第118話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン118話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

花子の子供である歩が病気で亡くなった。

その葬儀が一同によってしめやかに実施されたのである。

蓮子は白い着物をまとって参列し、気丈に振る舞っているが悲痛の色が隠せない。

喪主の英治が挨拶と開催の言葉を述べ、つらい胸の内をいろいろと語った。

まだ真実だと認め切れずに、これからどうすべきか悩んでいる様子だ。

黒い衣類に身を包んだ醍醐もしっかりと聞いている。

肝心の花子は表情が固まっており、どのような心情か読み取ることが難しい。

朝市が彼女を心配して何度も様子をうかがっている。

吉太郎は鉱石ラジオを手に取って涙を流していた。

こうして、さまざまな人たちが悲しみのどん底にいる状況になっていた。

しばらくして、花子が少し落ち着きを取り戻したように見える。

ただし、天国の歩に向かって話しかけることが多く、まだ万全とはいえない状況だ。

その後に彼女の行方が分からなくなってしまい、英治はとても不安になってしまう。そうして花子を探しに外に出るのであった。

ここまでが、8月14日に放送された朝ドラ「花子とアン」第118話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第119話のあらすじを知りたい方は、第119話『海に行きましょう』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第118話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第118話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン118話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第20週目第118話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。