花子とアン第119話のネタバレあらすじ!海に行きましょう

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」20週目第119話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第118話「花子姿を消す」では、徹夜で翻訳していた花子がいつの間にかいなくなるストーリーでした。

花子とアンの第119話「海に行きましょう」では、海に連れて行けばよかったと後悔を口にする花子を連れて、皆で海にいくストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年8月15日(金)放送
第20週サブタイトル『海にかかる虹』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第119話のネタバレあらすじ

ここからは、8月15日に放送された朝ドラ「花子とアン」第119話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

村岡花子(吉高由里子)が姿を消し、英治は心当たりのある場所を片っ端から探し始める。
宮本家を訪れた英治から話を聞いた宮本蓮子(仲間由紀恵)は、花子を心配し、一緒に探すことにした。
しかし、なかなかその姿を見つけることもできず、結局は見つからないまま2人が平岡家に戻ったところ、子供たちに囲まれた花子が家に戻ってくる。
朝早く目が覚めて散歩に出かけていたと話す花子。
家に戻り近所の子供たちに物語を聞かせている姿を見て、蓮子、村岡英治(鈴木亮平)村岡平祐(中原丈雄)の3人は、静かに見守っていた。
英治は、大切な子供をなくしてしまった悲しみから、どう声をかけてやればいいか分からなかった。
平祐の言葉で花子とちゃんと向き合うことにした英治。
英治は、花子の隣に座り、歩のところへ行こうとしていたのではないかと尋ねる。
花子は海に連れて行って挙げれなかった後悔の念を口にした。
すると、二人の話を聞いていた蓮子が海に行こうと言い出した。
蓮子の提案に乗り気でなかったが、蓮子が強く訴え、いくことにした。
海に着き、空を見上げると大きな虹が浮かび上がった。
その虹を、歩の想いに重ねる。
花子は、村岡歩(横山歩)にできなかったことをこれから多くの子供たちのためにしてあげたいと、その虹を見て決意した。

 

ここまでが、8月15日に放送された朝ドラ「花子とアン」第119話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第120話のあらすじを知りたい方は、第120話『猿芝居』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第119話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第119話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン119話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第20週目第119話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。