花子とアン第120話のネタバレあらすじ!猿芝居

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」20週目第120話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第119話「海に行きましょう」では、海に連れて行けばよかったと後悔を口にする花子を連れて、皆で海にいくストーリーでした。

花子とアンの第120話「猿芝居」では、醍醐と吉太郎の仲を取り持つため猿芝居をするが、醍醐が逆プロポーズをしてしまうストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年8月16日(土)放送
第20週サブタイトル『海にかかる虹』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第120話のネタバレあらすじ

ここからは、8月16日に放送された朝ドラ「花子とアン」第120話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン120話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

12月に花子の訳した作品が文学全集に収録される。

我が子を失った彼女にとって、他の子供に楽しみを届けることが彼女の願いである。

かよは醍醐にルックスを褒めることばをかけるが、彼女は吉太郎とのデートに緊張した様子だ。

彼との食事を前にして緊張感が最高潮に達した状態である。

到着した彼も負けないぐらい堅苦しい様子であり、とても普通のデートのように見えない。

ぎこちないながらも会話が始まり、どのように展開していくのか読めない状況だ。

しかし、二人の心は通じ合っており、次第に暖かい雰囲気に包まれていった。

一方、蓮子が単行本をめくって花子の子供について純平と語り合う。

穏やかな空気が流れていたところに、浪子が慌てて駆け込んできた。

龍一がまた仕事を怠けて演劇に没頭していると言った。

ところが単なる誤解であり、上記の二人のデートをバックアップするための台本を書いていたのである。

何とか騒動は収まり、その台本通りにみんなは協力する。

ここまでが、8月16日に放送された朝ドラ「花子とアン」第120話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第121話のあらすじを知りたい方は、第121話『創刊祝賀会』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第120話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第120話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン120話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第20週目第120話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。