花子とアン第136話のネタバレあらすじ!宇田川の帰国を祝う会

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」23週目第136話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第135話「蓮子との決別」では、花子が自分の仕事に対して葛藤する中、蓮子が自分の考えを主張し、決別するストーリーでした。

花子とアンの第136話「宇田川の帰国を祝う会」では、ペン部隊としての戦地にいっていた宇田川が帰国し、かよの店で帰国を祝う会が行われるストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年9月4日(木)放送
第28週サブタイトル『アンとの出会い』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第136話のネタバレあらすじ

ここからは、9月4日に放送された朝ドラ「花子とアン」第136話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン136話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

突然、龍一が逮捕されてしまい取り乱した蓮子、花子さんと英治さんは、龍一さんがやっていたことを知っているはずだ、そのとき龍一さんを逮捕するために訪れた憲兵の中に吉太郎さんもいたし、そのとき2人が密会中だったのかもしれない、このように考えたのだ。

花子と英治による裏切りを疑り2人を責める、龍一の活動のことを陰から支えようとしていた蓮子を花子が何とか説得しようと試みたものの、蓮子は頑固のごとく自分の意志を曲げることをしなかった。

私たち、それぞれ進む道が違ってしまった、自分はあなたのような卑劣な生き方をしない、蓮子が花子との永遠の別れを告げてしまったのだ。

さようなら花子、花子との決別を決め、花子は蓮子との別れによるショックを受けつつ数年後もラジオの仕事を続けていた。

子供のニュースの時間の中でも伝えることといえば、戦況や軍隊の活躍などばかりだ。

こんなことだけを子供たちに聞かせても良いのか、迷いを感じていた。

ここまでが、9月4日に放送された朝ドラ「花子とアン」第136話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第137話のあらすじを知りたい方は、第137話『友情の記念』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第136話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第136話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン136話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第23週目第136話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。