花子とアン第135話のネタバレあらすじ!蓮子との決別

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」23週目第135話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第134話「龍一連行される」では、宮本家に憲兵たちがやってきて、和平工作の一件で連行されるストーリーでした。

花子とアンの第135話「蓮子との決別」では、花子が自分の仕事に対して葛藤する中、蓮子が自分の考えを主張し、決別するストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年9月3日(水)放送
第28週サブタイトル『アンとの出会い』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第135話のネタバレあらすじ

ここからは、9月3日に放送された朝ドラ「花子とアン」第135話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン135話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

反戦運動を行っていた宮本龍一が、村岡花子の兄である官憲の吉太郎に連行された。

妻の蓮子は花子に相談していたため、気が動転して花子が密告したと疑い非難する。

龍一との面会を希望するが許可はおりず、娘の浪子と共に途方にくれるが、軍国少年である息子の順平は、かねてから父の活動を理解することができず反発心を抱いていたため反感を強めていく。

蓮子は花子に会いに行き、非難したことを詫び、吉太郎に龍一の様子を聞いて欲しいと差し入れを頼んだところ了承を得る。

今の国策に我慢できず、龍一が誰よりも子供の将来を考えていると発言したため、蓮子に公の場で非国民とされる言動を慎むようにアドバイスするが、立ち位置が国策側であると反発した。

ラジオで戦況や軍隊のニュースを読んでおり、不本意だと思いながら続けていたのだ。

花子に偽善に過ぎないと言い放ち、子供達を恐ろしい場所に導いているかもしれないと告げる。

逆らったら何もかも失い家族を守ることもできなくなると伝えた花子に、卑怯な生き方はしたくない、生きる道が違ったことを伝え、別れの挨拶をする。

ここまでが、9月3日に放送された朝ドラ「花子とアン」第135話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第136話のあらすじを知りたい方は、第136話『宇田川の帰国を祝う会』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第135話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第135話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン135話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第23週目第135話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。