花子とアン第134話のネタバレあらすじ!龍一連行される

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」23週目第134話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第133話「ブラックバーン校長との別れ」では、ブラックバーン校長が村岡家を訪れ、カナダに帰国する前に花子にお別れを言いにやってくるストーリーでした。

花子とアンの第134話「龍一連行される」では、宮本家に憲兵たちがやってきて、和平工作の一件で連行されるストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年9月2日(火)放送
第23週サブタイトル『アンとの出会い』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第134話のネタバレあらすじ

ここからは、9月2日に放送された朝ドラ「花子とアン」第134話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

なぜか吉太郎から宮本家へ行くな忠告された村岡花子(吉高由里子)
この時、安東吉太郎(賀来賢人)は蓮子の家の龍一が連行される事を知っていた。
意味ありげな言葉に、危ない活動をしていると考え、連絡をとろうとしたが深夜だからと止める村岡英治(鈴木亮平)
翌日、電話に後で伺うと返事をした宮本蓮子(仲間由紀恵)が出かける準備をして最中に、吉太郎を含む男たちが向かって来た。
冷徹に容疑者を探して見つけた吉太郎。
戦争を辞めさせようと画策していた宮本龍一(中島歩)を連行した。
目の前で、連行され呆然とする蓮子と龍一の母。
突然の事への驚きと失望に満ちていた。
その頃、仲々家に来ない様子にしびれをきらして蓮子の家に駆けつける花子と英治。
家について玄関にたたずむ蓮子の姿を見つける。
何があったのとを尋ねると、警察が龍一を連行したと言い放つ。
蓮子は、警察に龍一がこの家にいる事を密告したのかと花子たちを責める。
花子は、おどきながらも何も言っていないと訴えるが、信用してもらえなかった。
これまで育んできた信頼関係が瓦解し、2人の友情に暗雲が立ち込めてくる。

ここまでが、9月2日に放送された朝ドラ「花子とアン」第134話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第135話のあらすじを知りたい方は、第135話『蓮子との決別』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第134話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第134話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン134話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第23週目第134話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。