花子とアン第133話のネタバレあらすじ!ブラックバーン校長との別れ

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」23週目第133話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第132話「問題発言」では、検閲済みの原稿を勝手に変えて読んだ花子を漆原が注意するストーリーでした。

花子とアンの第133話「ブラックバーン校長との別れ」では、ブラックバーン校長が村岡家を訪れ、カナダに帰国する前に花子にお別れを言いにやってくるストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年9月1日(月)放送
第23週サブタイトル『アンとの出会い』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第133話のネタバレあらすじ

ここからは、9月1日に放送された朝ドラ「花子とアン」第133話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン133話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

青凛社の雑誌「家庭」に寄稿している常連の女流作家たちが集まり、宇田川が戦地へペン部隊として赴く事が決まっていた。

自分の目で見た事を書いて、兵士たちを勇気づける事が作家の役割だと言う彼女を人々が絶賛した。
蓮子は、宇田川や長谷部のような考えに対して強い違和感を感じていた。

宇田川が彼女に対して、未だに恋愛物を書くのではなく、国の為に書く事が大事だと、蓮子をコケにした。

蓮子が彼女に反論し、花子に意見を求める。

花子の考えは、常に変わらず、子供達の夢を守りたいという事であり、その事を述べると、宇田川が今の日本の状況でそのような悠長な事を言っていられないと言い、長谷部が子供たちの夢を守るには国がより強くなる必要があると力説する。

そんな彼女たちの様子についていけなくなった蓮子は店を出る。

蓮子が花子に今後宇田川や長谷部に会う事が無いだろうと告げて去っていった。

ある日、カナダへと帰国するブラックバーン先生が花子と英治に会いに来た。

ここまでが、9月1日に放送された朝ドラ「花子とアン」第133話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第134話のあらすじを知りたい方は、第134話『龍一連行される』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第133話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第133話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン133話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第23週目第133話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。