花子とアン第141話のネタバレあらすじ!疎開の誘い

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」24週目第141話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第140話「軍関係の仕事」では、仕事がない青凛社のために、吉太郎が軍関係の印刷の仕事を回そうかと提案するが、それを英治が断るストーリーでした。

花子とアンの第141話「疎開の誘い」では、吉平が上京してきて、甲府へ疎開しないかと花子たちに提案し、甲府へ戻るストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年9月10日(水)放送
第29週サブタイトル『生きている証』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第141話のネタバレあらすじ

ここからは、9月10日に放送された朝ドラ「花子とアン」第141話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン141話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

シンガポールに行っていた醍醐が帰国し、花子の顔を見たらホッとして泣き出してしまった。

遠くにあると思っていた死を身近に感じたと語ったのだった。

聡文堂が休業すると知らせに花子の家を尋ねてきた梶原が聞いたところでは、アメリカの潜水艦の魚雷攻撃で醍醐の便乗していた船団のかなりの数の船が沈められたが、攻撃を避けるために助けを求める人を見捨てて逃げるしかなかったようだ。
甲府から、東京の食糧事情の悪さを噂に聞いた吉平が色々と食料を持ってやって来た。

花子夫婦と共にかよの店を訪ねた吉平は、自家製の葡萄酒を持参していた。

吉平がかよに、葡萄酒を軍人達に出すなと釘をさすが、お国のために働いている軍人に対して失礼だと憤るかよ。

花子は、甲府への疎開の誘いの話をかよとももの二人に話し、自分は美里だけ甲府で預かってもらい東京に残るつもりだと伝える。

かよは、命より大切な店を守るために東京に残ると意志が固かった。
花子に釣れられて、美里と直子が甲府の安東家に初めてやって来た。

そこへ徳丸親子が入って来た。

敵の潜水艦を探す機械を作るのに成分が役立つから、隠している葡萄酒を全部出して軍に提出するよう要求しに来たのだ。

ここまでが、9月10日に放送された朝ドラ「花子とアン」第141話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第142話のあらすじを知りたい方は、第142話『ジフテリア』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第141話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第141話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン141話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第24週目第141話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。