花子とアン第85話のネタバレあらすじ!朝市と武が上京

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」15週目第85話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第84話「ふじの励まし」では、ふじに失恋した話をし、励まされたはなは、翻訳を完成させ東京に戻ってくるストーリーでした。

花子とアンの第85話「朝市と武が上京」では、葡萄酒を東京で売るために朝市と武が上京してくるストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年7月7日(月)放送
第18週サブタイトル『最高のクリスマス』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第85話のネタバレあらすじ

ここからは、7月7日に放送された朝ドラ「花子とアン」第85話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン85話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

大正8年(1919年)12月のこと。
朝市(窪田正孝)と武(矢本悠馬)がカフェにやってきました。
二人はテーブルに着くと武が銀座のカフェの女給は美人ばかりだと鼻の下を伸ばす。
すると、朝市がかよに気付いて久しぶりだと喜ぶ。
カフェにやってきたはなは、朝市と武に気づいて驚く。

すると、武と朝市がそれぞれ東京に来ることになった経緯を話し2〜3日はいるといった。
その時、カフェに宇田川(山田真歩)が入って来た。

はなと宇田川は、銀河の乙女について話を進める。
元気なはなの様子を見て朝市は安心した。
その頃、聡文堂では醍醐が梶原に村岡印刷からの喪中の葉書を渡していた。

英治の妻は亡くなっていたのである。
その時はなと宇田川があらわれる。

宇田川は、銀河の乙女の単行本にするなら王子と乞食の挿絵を描いている人物に、挿絵頼みたいと告げた。
それを聞いた醍醐とはなは、英治に挿絵を頼みに村岡印刷へと向かう。
村岡印刷では平祐が見合い写真を見たり英治に新しい縁談があったりしたが、二人は全く興味がなかった。
そこに、醍醐とはながあらわれる。

挨拶を済まして醍醐とはなは英治に挿絵を依頼する。
二人は引き受けてくれるだろうと思っていたが、英治は断ったのだった。

ここまでが、7月7日に放送された朝ドラ「花子とアン」第85話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第86話のあらすじを知りたい方は、第86話『断る!いや社長命令だ!』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第85話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第85話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン85話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第15週目第85話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。