花子とアン第84話のネタバレあらすじ!ふじの励まし

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」14週目第84話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第83話「傷心帰省」では、失恋で失敗続きのはなが、故郷の甲府に帰るストーリーでした。

花子とアンの第84話「ふじの励まし」では、ふじに失恋した話をし、励まされたはなは、翻訳を完成させ東京に戻ってくるストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年7月5日(土)放送
第14週サブタイトル『ゆれる思い』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第84話のネタバレあらすじ

ここからは、7月5日に放送された朝ドラ「花子とアン」第84話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン84話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

朝市(窪田正孝)は、はな(吉高由里子)にどうして捨てようとしたのか聞いたが、はなはただ泣くばかりだった。
その後、はなは英英辞典を持ったまま朝市に連れられて家に帰る。

朝市は、はなに元気を出すように伝えると帰っていった。
ふじは、はなに何かあったのかと聞く。

はなは、好きになったらいけない人を好きになってしまったと打ち明ける。
その話は畑仕事から帰ってきた吉平も聞いていた。
東京に戻ったはなは、梶原に王子と乞食の翻訳を見せた。

梶原ははなの様子をみて、回復したと判断する。
一方東京にきていた蓮子(仲間由紀恵)は龍一(中島歩)と再会していた。
二人は屋台でコップ酒を飲んでいたが、龍一は自分の下宿に逃げるように帰ろうとする。

蓮子がどうしたのかと聞くと、龍一は最近誰かに監視されていると答える。
蓮子は、初めて男の部屋に入ったことに戸惑っていた。

龍一は会いたかったと蓮子に伝えると抱きしめてキスをした。
聡文堂では、梶原がはなに宇田川の原稿を催促しに行くようにと命じる。

はなは宇田川先生の担当外されたんじゃないですかと聞き返す。
梶原は彼女に首を切られた編集者は数え切れないから、何をしても書いてもらうようにと告げたのだった。

ここまでが、7月5日に放送された朝ドラ「花子とアン」第84話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第85話のあらすじを知りたい方は、第85話『朝市と武が上京』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第84話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第84話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン84話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第14週目第84話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。