花子とアン第83話のネタバレあらすじ!傷心帰省

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」14週目第83話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第82話「担当を外される」では、編集者として失態をおかしたはなが、宇田川の担当を外され、しばらく会社にこなくていいと言われるストーリーでした。

花子とアンの第83話「傷心帰省」では、失恋で失敗続きのはなが、故郷の甲府に帰るストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年7月4日(金)放送
第17週サブタイトル『ゆれる思い』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第83話のネタバレあらすじ

ここからは、7月4日に放送された朝ドラ「花子とアン」第83話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン83話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

失恋したうえに仕事でもうまくいかないはなは、甲府に帰ることにしたのだった。
はなが実家に着いた時、家の中には誰もいなかった。

そして、はなは仏壇に手を合わせ周造に今までのことを報告する。
ふじ(室井滋)と吉平(伊原剛志)、リン(松本明子)は畑仕事を終えて帰ると、家にいるはなをみて驚いた。
はなは新しい雑誌が出来たから休暇をもらったと伝えるが、その雑誌を持ってくるのを忘れていたことに気づく。
夕方、朝市(窪田正孝)がわざわざにじいろを買ってはなの家に届けにくる。朝市は、はなに面白かったと感想を伝える。
その頃東京では、梶原(藤本隆宏)がにじいろの出版協力のお礼にウィスキーを買って村岡印刷にきていた。
その時、梶原は平祐(中原丈雄)から英治(鈴木亮平)が離婚したことを聞く。
英治が帰ってくると、梶原は村岡兄弟とウィスキーを飲んだ。

村岡兄弟と飲んでいた梶原であったが、郁弥がリタイアして、英治と二人だけで飲むことになった。
梶原はいろいろ大変だったなと英治に声をかける。

そこで、二人はいろいろ話をし、梶原がはなは甲府に帰ったことを教える。
一方、はなは教会にいたが、英治との抱擁を思いだし、忘れてやると英英辞書を窓の外に投げ捨てようとした。
そこに朝市がやってきてはなを引き止めた。

ここまでが、7月4日に放送された朝ドラ「花子とアン」第83話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第84話のあらすじを知りたい方は、第84話『ふじの励まし』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第83話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第83話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン83話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第14週目第83話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。