花子とアン第82話のネタバレあらすじ!担当を外される

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」14週目第82話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第81話「離婚して下さい」では、郁弥は香澄から預かった手紙を英治へ渡すと、「離婚して下さい」と書かれていたストーリーでした。

花子とアンの第82話「担当を外される」では、編集者として失態をおかしたはなが、宇田川の担当を外され、しばらく会社にこなくていいと言われるストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年7月3日(木)放送
第17週サブタイトル『ゆれる思い』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第82話のネタバレあらすじ

ここからは、7月3日に放送された朝ドラ「花子とアン」第82話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン82話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

郁弥(町田啓太)は、英治(鈴木亮平)と妻の香澄(中村ゆり)の離婚話に衝撃を受けて、カフェで酔いつぶれてしまうのだった。
離婚の話を聞いたはなは、その日なぜか酔えなかった。
そこに、英治が郁弥を迎えにやってくる。そんな英治に、はなは離婚してほしくないと告げる。
翌日、聡文堂に宇田川(山田真歩)が書店に並んでいるにじいろ創刊号が届いていないと怒りながらやってきた。
そこに、やってきたはなが自分の失敗に気づく。
一方福岡では、タミ(筒井真理子)が、蓮子(仲間由紀恵)に届いた龍一からの手紙を勝手に読んでいた。
タミから手紙を受け取った蓮子は、伝助に東京に行きたいと申し出る。

それを聞いたタミは、なぜが助け舟を出した。
そして、伝助は蓮子に東京行きを許可する。
聡文堂では宇田川と梶原とはなが打ち合わせをしていた。
その時激しい雨が降り出し、宇田川は帰ろうと傘立ての赤い唐傘を手に持った。
すると、はなをそれだけは貸せないと告げる。

その赤い傘ははなにとって大切な思い出の品だったのだ。
はなの行動に宇田川は怒り、もう小説は書かないと告げる。
宇田川が帰ったあと、はなは梶原からしばらく会社にこなくていいといわれてしまう。
その夜かよは、はなに甲府に帰るように勧めたのだった。

ここまでが、7月3日に放送された朝ドラ「花子とアン」第82話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第83話のあらすじを知りたい方は、第83話『傷心帰省』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第82話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第82話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン82話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第14週目第82話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。