花子とアン第81話のネタバレあらすじ!離婚して下さい

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」14週目第81話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第80話「梶原の激励」では、英治に対するはなの変化に気づいた梶原が注意と激励するストーリーでした。

花子とアンの第81話「離婚して下さい」では、郁弥は香澄から預かった手紙を英治へ渡すと、「離婚して下さい」と書かれていたストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年7月2日(水)放送
第17週サブタイトル『ゆれる思い』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第81話のネタバレあらすじ

ここからは、7月2日に放送された朝ドラ「花子とアン」第81話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン81話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

はな(吉高由里子)は仕事の途中で寝込んでしまい、翌朝みんなに仕事を手伝ってもらうことになる。
そんなはなを励まそうと醍醐(高梨臨)は、昼休みにカフェに誘う。
2人がライスカレーを食べようとしていると、カフェに平祐がやってくる。
カフェにいた龍一(中島歩)は、仲間たちと蓮子(仲間由紀恵)の書いた脚本について言い争っていた。
蓮子のことをフォローする龍一に仲間たちは惚れたのかと聞く。

たが、龍一は否定しなかった。
その頃郁弥は、香澄(中村ゆり)から預かった手紙を英治に渡していた。

その手紙には離婚して下さいと一言書かれていて、英治は戸惑う。
英治はすぐ病院に向かい香澄に離婚の理由を尋ねる。

すると香澄は、英治の心の中には他の女性がいるからと寂しそうに答えた。
英治は離婚するつもりはないと告げたが香澄の意志は強かった。
その頃、カフェにいた郁弥の様子が気になりかよはどうしたのかと聞く。

すると、郁弥は英治が離婚を切り出されたことを打ち明ける。
夕食を食べにカフェに入ってきた醍醐とはなは英治の離婚のことを聞き驚く。
そして、醍醐は郁弥に英治は本当に離婚するのかと問い詰める。
英治のことを忘れようとして、立ち直りかけていたはなは混乱してしまうのであった。

ここまでが、7月2日に放送された朝ドラ「花子とアン」第81話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第82話のあらすじを知りたい方は、第82話『担当を外される』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第81話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第81話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン81話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第14週目第81話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。