花子とアン第86話のネタバレあらすじ!断る!いや社長命令だ!

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」15週目第86話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第85話「朝市と武が上京」では、葡萄酒を東京で売るために朝市と武が上京してくるストーリーでした。

花子とアンの第86話「断る!いや社長命令だ!」では、英治に、宇田川の単行本の挿絵を依頼し断られてしまうが、平祐の命令で書くことになるストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年7月8日(火)放送
第18週サブタイトル『最高のクリスマス』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第86話のネタバレあらすじ

ここからは、7月8日に放送された朝ドラ「花子とアン」第86話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン86話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

英治(鈴木亮平)が、挿絵の依頼を断った理由は本職ではないからということだった。

だか、はなは英治に諦めないと告げる。
その後はなと醍醐は、聡文堂に戻り英治に断られたことを梶原(藤本隆宏)に報告した。
その頃朝市と武は、またカフェにいた。
そこに、はなと醍醐がランチを食べにやってくる。

武は醍醐のことを気に入り、自分をアピールしだした。
かよが醍醐は社長令嬢だから武は相手にされないと告げても、武は気にしていない。
はなと醍醐は平祐がいることに気づき、英治のことを相談すると、平祐はしぶしぶ自分から伝えると告げる。

村岡印刷に着いた平祐は英治に挿絵を書くようにと命令する。
夕方、はなはカフェで蓮子(仲間由紀恵)と待ち合わせしていた。

蓮子ははなと龍一(中島歩)を引き合わせるつもりだった。
はなが伝助と一緒に東京に来たはずなのに今どこにいるのかと聞くと、蓮子は今頃新橋で芸者と遊んでいると答える。
伝助が芸者と遊んでいるならといって、他の男と合うのはよくないと蓮子を窘めた。
すると、そこに龍一でななく伝助があらわれたのだった。

伝助を見た蓮子は驚き顔から血の気が引いていた。
笑いながら伝助が話しかけると、そこに、龍一があらわれる。

ここまでが、7月8日に放送された朝ドラ「花子とアン」第86話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第87話のあらすじを知りたい方は、第87話『銀河の乙女のイメージ』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第86話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第86話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン86話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第15週目第86話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。