エール第4話のネタバレあらすじ!北原白秋の詩に曲をつける宿題ってむずくない?

こちらでは、朝ドラ「エール」1週目第4話のあらすじのネタバレや、エールと実話の比較、感想をまとめています。

エールの第3話「恩師・藤堂先生との出会い」では、運動会の練習で体育教師に体罰を受けているときに藤堂先生が助けてくれるストーリーでした。

エールの第4話「北原白秋の詩に曲をつける宿題」では、詩に曲をつける宿題で作曲の才能を開花させるストーリーとなっています。

朝ドラ『エール』
2020年4月2日(木)放送
第1週サブタイトル『初めてのエール』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)

朝ドラ『エール』第4話のネタバレあらすじ

ここからは、4月2日に放送された朝ドラ「エール」第4話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール4話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 小学5年生に進級し、担任が藤堂先生になった
  • 音楽の授業で曲を作る宿題がだされる
  • 学校の帰り道、久志と話す
  • 三郎のことを褒められてうれしい
  • まさから川俣に誘われる
  • 映画を観にいく
  • 教会で歌を歌っている音を見つける
  • 茂兵衛から養子の件で催促される
  • 三郎から作曲の入門書をプレゼントをされる
  • 夜遅くまで入門書を読み込む
  • 朝早く学校にいき、黒板に曲を作る
  • 教室にきた藤堂が黒板の曲に気づく

小学5年生

運動会も無事終わり、裕一は、小学5年生になりました。

学校では、ほとんど憂鬱な顔をして過ごしていましたが、新学期が始まり、とてもうれしそうな表情をしています。

なぜかというと、クラス替えで担任が、騎馬戦の練習で、新田先生に叱られていたときに助けてくれた藤堂清晴先生になったからです。

そこへ、佐藤久志(山口太幹)がやってきました。

彼も同じ組で特に気にする様子もありませんでしたが、そのあとにいじめっ子の太郎(田村継)史郎(細井鼓太)が入ってきて、同じクラスメートになったことをがっかりします。

音楽の授業で曲を作る宿題が出される

音楽の授業では、みんなで童謡の『かなりや』を歌っています。

大正7年に児童文学雑誌『赤い鳥』が発刊されましたが、『赤い鳥』に掲載された歌は、童謡と呼ばれ、一大ブームを巻き起こしていた時代でした。

合唱が終わると、藤堂清晴(森山直太朗)が、生徒たちに北原白秋の詩に曲をつけてみようと提案します。

彼は、音楽教育にとても熱心な人物です。

児童たちが曲作りに戸惑っていると太郎が、曲をつけるなんて無理だと訴えました。

すると、鼻歌でもいい、浮かばなければハーモニカやオルガンを使ってとにかく音を出して曲をつくってみろとアドバイスします。

学校の帰り道

学校の帰り道、座り込んで、北原白秋の詩を見ていると、「どうする? その宿題。」と久志から声をかけられました。

曲作りなんてできない言うと、うちはピアノあるから簡単だよと答えました。

そして、「君の家だって蓄音機あるじゃない。何聴いてるの?」と質問すると、浪曲・民謡、たまに西洋音楽と答えます。

西洋音楽を聴いている父親のことを「へえ~お父さんかっこいいね。」というと、父が褒められたことがうれしかったようで、顔に笑顔を浮かべながら、そうかな?と答えました。

そして、久志が、西洋音楽聴いているなら作曲は簡単だから君もできると話すと、「ありがとう!い、いや、あの、、、父ちゃんのこと褒めてくれて。」といいました。

自分が褒められたことよりも、父親が褒められたことがとてもうれしかったようです。

川俣へ母と二人

家に帰ると古山三郎(唐沢寿明)が、駆け寄ってきて、新しいレコードを渡します。

やった!と喜ぶ息子を見て満足そうな三郎。

すると喜びついでに「父ちゃんは曲作ったことあるの?」とたずねました。

三郎はなんのことか分かりませんでしたが、手渡された北原白秋の詩を見て、即興で曲をつけて歌ってみます。

あまりにもヘタだったため、期待するのをやめて、曲をかけてとお願いしました。

レコードを二人で聴いていると、母の古山まさ(菊池桃子)がやってきて、「明日の休み母さんと一緒に川俣行かない?」と声をかけられます。

そして、父・三郎と弟・浩二は留守番で、母と二人で川俣へ行くことになりました。

二人で川俣の実家へ

福島市から川俣までは当時鉄道を利用して約1時間ほどかかります。

母・まさと二人で川俣にある実家に着くと祖父の権藤源蔵と祖母の八重が迎えてくれました。

おじいちゃんとおばあちゃんに会えて、うれしそうな表情をしますが、その後ろから伯父の権藤茂兵衛(風間杜夫)が現れると裕一は苦手な様子。

実家に着くと母と二人で映画を見に行くことにしました。

映画を観終わると、帰りの途中に飴売りが太鼓の音を鳴らしながら飴を売っていたので、息子に買ってあげることに。

すると「あらまささん!久しぶり! 帰ってきてたの?」と知り合いから声をかけられ、談笑しはじめました。

教会で運命の出会い

母の隣で、どこからか音楽が聴こえてくるのに気づき、音楽が聴こえてくる方向に足を運ぶと、そこは教会でした。

『いつくしみ深き』の音楽に導かれて教会の中に入ると、そこで歌っている少女にみとれてしまいます。

この少女こそが将来の妻となる関内音(二階堂ふみ)です。

音と目が合うと、彼女が手を振ってきました。

自分に手を振ってるとおもい、一緒に手を振りますが、実は音が手を振っているのは、裕一の目の前に座っている父・安隆でした。

裕一が教会の外でぼーっとしているところを母・まさが見つけ、心配そうにかけよります。

どこ行ってたの?と声をかけますが、上の空でした。

権藤茂兵衛からの養子話

川俣の実家に戻ると夕飯時に出かけた話をうれしそうに話しています。

夕食も終わり、一息ついているころ、別室で茂兵衛はまさには「息子が2人だ。どちらかを養子に出せ。いいな?」と言います。

三郎君には言ってあるだろうな?とくぎを刺されますが、まさはまだ三郎にも話せずにいました。

一泊した翌日、二人は喜多一へ帰っていきました。

まさたちが帰ったあとに、茂兵衛は父・源蔵から進んだのか?と聞かれ、歯切れの悪い答え方をすると、「無理なら絹子を捨てて再婚しろ。いいな?」と険しい顔で話します。

父からのプレゼント

ただいま!お土産買ってきたよ。

喜多一にもどってくると弟の古山浩二(潤浩)にお土産を渡します。

父に川俣での出来事を話そうとすると、そんな話は後だと本を手渡されました。

手渡された本は、小山田耕三著の作曲八門です。

この本は作曲の入門書で、すごく喜んだ裕一は、夜遅くまで読み続け、その日は何も作曲はせずに、寝てしまいました。

学校で曲を作る

次の日の朝、朝早く学校に向かいます。

教室に着くとオルガンを弾こうとしますが、やめてしまいます。

頭の中でメロディーを考えているようで、曲が完成するとできた!と思わず大きな声をだしてしまいます。

皆が学校に行く時間に藤堂先生が教室に入ってくると、そこには裕一が寝ていました。

びっくりして彼にに近づきますが、後ろを振り向いた瞬間、さらに驚くべき光景があったのです。

そこには何と作曲された楽譜が書かれていました。

ここまでが、4月2日に放送された朝ドラ「エール」第4話のあらすじのネタバレです。

これは、、、で終わっていましたが、先生もびっくり仰天。作曲の才能に目覚めてから調子に乗るんですよね、、、

エール第5話のあらすじを知りたい方は、第5話『呉服店『喜多一』が大ピンチ!』へ読み進めてください。

エールと実話の比較

こちらは、エール4話と実話の比較をまとめたものです。

藤堂先生が裕一の担任だった話は実話か?

エールでは、裕一が5年生に進級し、クラス替えで、担任が藤堂になりましたが、これは実話です

古山裕一のモデルは、古関裕而さんで、藤堂のモデルは裕而さんの恩師・遠藤喜美治さんです。

遠藤喜美治先生は、古関裕而さんが小学生のときの担任をしていました。

ただし、担任だった時期が全然違います。

こちらについては、「【エール実話】藤堂先生が裕一の担任だった話は本当!?5年生ではなく3年生から4年間!」で詳しくまとめています。

裕一と音が教会で出会った話は実話か?

エールでは、教会で裕一と音が初めての出会いを果たしましたが、これは創作ストーリーの可能性が高いです

古関裕而さんに関する書籍を確認しても、教会で出会った話は一切ありません。

あらすじのネタバレになりますが、古関裕而さんと関内音のモデル・古関金子さんが出会ったきっかけは、裕而さんが国際作曲コンクールで入賞したことです。

よって、教会で出会った話は、実話ではなく、創作ストーリーの可能性が高いです。

朝ドラ「エール」第4話の感想まとめ

朝ドラ「エール」の感想
こちらは、朝ドラ「エール」第4話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

じいちゃんの裏の顔

おじいちゃん、表と裏の顔激しすぎでしょw

孫は可愛いが子には厳しいといったようなイメージのおじいちゃん。

実は茂兵衛よりも跡取りを一番気にしているのは源蔵かもしれない。

5年生にして作曲

父親からもらった小山田耕三著の作曲八門。

あらすじのネタバレになりますが、小山田耕三は後々登場する人物で志村けんさんが役を務めます。

作曲の宿題を出すほうも出すほうですが、あの本を読んだだけで、作曲できる星空くんもすごすぎますw

小学校で作曲の宿題なんかでないとSNSでツッコミが起きていましたが、これも実話だからすごい、、、

以上が、朝ドラ「エール」第1週目第4話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第1週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。
第1週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第1週目のネタバレあらすじ

4話放送のエール第1週「初めてのエール」は、裕一の誕生から幼少期の出来事で、音楽と初めての出会い、恩師の藤堂が作曲の才能を見抜くストーリーとなっています

いきなりの呉服屋『喜多一』の大ピンチ!融資か子供たちかで天秤にかけられた三郎ですが、もうちょっと真剣に経営がんばったらどうだと言いたい!

第1週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第1週「初めてのエール」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。