花子とアン第106話のネタバレあらすじ!大地震

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」18週目第106話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第105話「郁弥のプロポーズ」では、郁弥が、かよの誕生日の日にサプライズでプロポーズするストーリーでした。

花子とアンの第106話「大地震」では、関東地方の南部を襲った大地震で、安否が分からない郁弥とかよを英治が探しにいくストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年7月31日(木)放送
第22週サブタイトル『涙はいつか笑顔になる』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第106話のネタバレあらすじ

ここからは、7月31日に放送された朝ドラ「花子とアン」第106話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン106話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

このドラマの106話の冒頭で、主人公の花の妹が働く銀座のカフェが舞台になります。

妹のかよが働く銀座のカフェにかよう客である郁弥が、プロポーズをするために店をおとずれるのです。

派手なプロポーズにてれてかよが店を飛び出しますが、冷静になり店に戻ろうとします。

その時に大きな地震がおこり、大変なパニックに街がつつまれます。

主人公の家の周辺も多くの家が倒壊しますが、幸いにも自分の家が無事です。

家が倒壊していきばのない近所の子供たちを彼女は自宅に避難させます。

主人公は銀座で働いている、かよの事を心配して帰宅した夫に話すのです。

銀座は地震の影響と火災でひどい状況らしいと話をきいた夫は、明日には探しにいくと主人公と話し合います。

この間に彼女の友人である蓮子の家庭が崩壊していきます。

愛情のない伯爵の家をでると宣言し得ていく様子がえがかれる場面です。

関東大震災で主人公をとりまく家族や友人の状況が一転する様子がわかります。

ここまでが、7月31日に放送された朝ドラ「花子とアン」第106話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第107話のあらすじを知りたい方は、第107話『郁弥の死』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第106話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第106話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン106話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第18週目第106話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。