花子とアン第110話のネタバレあらすじ!蓮子の教育

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」19週目第110話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第109話「再建までの道のり」では、全焼した村岡印刷を再建すべく、前向きに花子たちががんばるストーリーでした。

花子とアンの第110話「蓮子の教育」では、蓮子から家事の基礎的な事を教えて欲しいと頼まれたかよが、教育をするストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年8月5日(火)放送
第19週サブタイトル『春の贈りもの』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第110話のネタバレあらすじ

ここからは、8月5日に放送された朝ドラ「花子とアン」第110話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

 

蓮子は屋台で安東かよ(黒木華)を相手に自分の現在の生活について不満をぶつけ、特に嫁ぎ先の姑である浪子に対しての愚痴をこぼす。
黙って聞いていたかよであったが、嘉納蓮子(仲間由紀恵)に頼まれ宮本家を訪れることになってしまう。
実は自分が料理を上手にできないため、料理のコツを教えてもらおうと思っていたのだった。
しかし、その姿を浪子に見つかってしまい、さらにまた嫌みを言われてしまうことになる。
宮本浪子(角替和枝)は作った料理をひと口食べ、その料理の腕に納得ししっかりと教えてくれるように頼むのであった。
一方、村岡郁弥(町田啓太)がなくなってしまった現実を受け入れることができない村岡平祐(中原丈雄)が、食事をする気も失せてしまいふさぎ込んでいるばかりであるため、
村岡花子(吉高由里子)はその体調を気遣い心配でならない。その中で英治は出版する「王子と乞食」のことで頭がいっぱいで、平祐のことを気にかける様子もない。
複雑な思いの花子。
そのような時に、嘉納伝助(吉田鋼太郎)が家を訪ねてくる。
伝助が花子にもらった手紙の翻訳を頼みに来たのであったが、その内容から翻訳に困る花子。

 

 

ここまでが、8月5日に放送された朝ドラ「花子とアン」第110話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第111話のあらすじを知りたい方は、第111話『『王子と乞食』を本にしよう!』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第110話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第110話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン110話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第19週目第110話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。