花子とアン第109話のネタバレあらすじ!再建までの道のり

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」19週目第109話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第108話「」では、ストーリーでした。

花子とアンの第109話「」では、ストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年8月4日(月)放送
第19週サブタイトル『春の贈りもの』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第109話のネタバレあらすじ

ここからは、8月4日に放送された朝ドラ「花子とアン」第109話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン109話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

女学校の卒業が決まった花子は、このまま軽井沢に残って嫁ぐのはやめて上京することにした。

それは幼馴染であるアンと一緒に、以前約束した一緒に喫茶店を経営するためであった。

二人とも以前に東京を訪れた時に食べたメロンソーダという飲み物にすっかり魅了されていたのだ。

まだこの当時の日本だと珍しい飲み物であり、美しいグリーン色のメロンソーダは宝石のように見えていたのである。

アンは家庭の事情で女学校に進むまず、パーラーという場所で女給をしている。

すでに接客のマナーを身に付けていて、花子が上京するのを待っているのだ。

しかし、二人の中にある不安があった。その不安というものが資金をどこで調達するかだ。

アンにとって花子が大金持ちの娘だと認識があったが、肝心の花子の両親から無心を受けるのことが申し訳ないと思っているのであった。

親がいないアンにとって実の親以上の存在でもある花子の両親に、どう頭を下げていいのかわからないでいた。

ここまでが、8月4日に放送された朝ドラ「花子とアン」第109話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第110話のあらすじを知りたい方は、第110話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第109話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第109話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン109話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第19週目第109話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。