花子とアン第27話のネタバレあらすじ!蓮子の復讐

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」5週目第27話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第26話「蓮子の立候補」では、蓮子がロミオ役に立候補するが、まったく練習せずにブラックバーン校長から注意されるストーリーでした。

花子とアンの第27話「蓮子の復讐」では、蓮子がはなに復讐を手伝って欲しいとお願いするストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年4月30日(水)放送
第6週サブタイトル『波乱の大文学会』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第27話のネタバレあらすじ

ここからは、4月30日に放送された朝ドラ「花子とアン」第27話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン27話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

「はなさん、私の復讐に付き合ってください」蓮子(仲間由紀恵)のその言葉を聞いて、はなはその相手が蓮子の家族だと確信した。
蓮子は離縁したことで、家族から葉山家の恥晒しだからと厄介払いされたのである。
蓮子は家族が気にしている世間体を壊してやろうと演劇の主役を引き受けたのだという。
それを聞いたはなは演劇を精一杯やろうと説得するが、蓮子は演劇なんてどうでもいいと答えた。
それがきっかけで2人は微妙な雰囲気になり、それ以降ジュリエット役の蓮子が稽古に来ることはなかった。
はなたちはジュリエット役なしで稽古を続ける。はなは蓮子のことが気になっていたが、大文学会が2週間後に迫っていたため脚本作りに集中した。
その頃、甲府では吉太郎(賀来賢人)が連隊長に会うためにある料亭へ向かっていた。

連隊長を見つけた吉太郎は、軍隊に入れて欲しいと頼む。
そんな吉太郎に連隊長は年齢や家族のことを尋ねた。

吉太郎の話を聞いた連隊長は、二十歳の徴兵検査を待ち、それまで親孝行に励むように告げる。

吉太郎は落ち込むのであった。
一方、修和女学校では醍醐に頼まれてはながジュリエット役を演じていたのである。
その翌朝、はなは徹夜で脚本を書き上げた。そこに通りかかった蓮子を引き止めたはなは、「これを読んでやるかどうか決めて下さい。」と挑戦的に脚本を渡したのだった。

 

 

ここまでが、4月30日に放送された朝ドラ「花子とアン」第27話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第28話のあらすじを知りたい方は、第28話『はなの台本』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第27話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第27話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン27話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第5週目第27話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。