花子とアン第28話のネタバレあらすじ!はなの台本

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」5週目第28話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第27話「蓮子の復讐」では、蓮子がはなに復讐を手伝って欲しいとお願いするストーリーでした。

花子とアンの第28話「はなの台本」では、はなが翻訳した台本を蓮子が見て感動し、練習をちゃんとすると宣言するストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年5月1日(木)放送
第6週サブタイトル『波乱の大文学会』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第28話のネタバレあらすじ

ここからは、5月1日に放送された朝ドラ「花子とアン」第28話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン28話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

醍醐(高梨臨)は、はなが蓮子に脚本を渡すところを見ていた。

脚本を1番に渡されていた蓮子に醍醐は嫉妬した。
醍醐は、はなにジュリエット役をやって欲しいと頼むが断られる。

そこへ、白鳥(近藤春菜)がやって来て、自分がジュリエット役を引き受けると言い出した。

稽古場では白鳥が衣装まで用意していたが、そこに蓮子があらわれ今日から稽古に参加すると言い出したのである。
その頃、甲府ではふじ(室井滋)とリン(松本明子)が吉太郎(賀来賢人)の元に走っていた。
そして、吉太郎に軍隊に入りたいのは本当かと尋ねる。

そこにいた周造(石橋蓮司)は驚く。
吉太郎は、軍隊に入って国の役に立ち、みんなに楽をさせてやりたいと答える。

国のために死ねるならば本望だという吉太郎の気持ちを聞き、ふじと周蔵は愕然とした。
その頃、修和女学校では稽古が行われていた。

休憩になると蓮子が、はなに「ご両親は好き合って結ばれたの?」と聞いた。
そこではなは両親の馴れ初めを話し始める。行商で甲府に来ていた吉平が葡萄畑で倒れていたところをふじは助けたのだ。

そこでふじは吉平に興味を持ち2人は結婚したのである。
馴れ初めを話しながら、はなは蓮子が望まない相手と結婚していたのかもしれないと思う。
その後、蓮子は兄に大文学会への招待状を書いていた。それはまるで果たし状のようだった。

 

 

ここまでが、5月1日に放送された朝ドラ「花子とアン」第28話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第29話のあらすじを知りたい方は、第29話『大文学会開幕』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第28話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第28話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン28話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第5週目第28話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。