花子とアン第4話のネタバレあらすじ!身代わり

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」1週目第4話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第3話「奉公先の紹介」では、地主の徳丸に偶然会ったはなが、奉公先を紹介して欲しいとお願いするストーリーでした。

花子とアンの第4話「身代わり」では、女の奉公人はいらないと言われ、身代わりに兄の吉太郎が奉公にいくと言い出すストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年4月3日(木)放送
第1週サブタイトル『花子と呼んでくりょう!』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第4話のネタバレあらすじ

ここからは、4月3日に放送された朝ドラ「花子とアン」第4話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン4話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 朝市を置いて逃げる
  • 奉公先から女は要らないと断られる
  • 変わりに吉太郎がいくと言い出す
  • はなが熱をだす
  • 吉平が帰ってきて時世の句を書く

逃げる

池に落ちた二人。

安東はな(山田望叶)を先に上げると、教会の用務員と森牧師(山崎一)がそこまで迫っていた。

木場朝市(里村洋)は早く逃げろといい、はなは朝市を置いて逃げてしまう。

旅立ち

翌朝、はなが奉公先に旅立つときがやってきた。

ふじたちが見送りをしていると、甚之介の使いの者がやってきて、先方は女の子供はいらないといってきたと言う。

それを聞いて喜ぶ安東ふじ(室井滋)安東周造(石橋蓮司)

そして、使いの者が前払いで置いていった米俵を持ち帰ろうとした。

それをみた安東吉太郎(山崎竜太郎)は、代わりに男のおれが行くと言い出す。

ふじが引き止めるが、吉太郎は父に嫌われているからいつか家を出ようと思っていたと話す。

そして、自分が行けば米が残って冬を越せるといい、吉太郎は旅立った。

はなが自分のせいだと落ち込んでいると、周造は、貧乏神のせいだと気遣う。

そして、元気出せと頭をなでようとしたとき、熱があることが分かった。

夜になって熱は下がらず、朝市を置いてきた罪の意識から怖い夢にうなされる。

時世の句

それから数日すると、安東吉平(伊原剛志)が帰ってきた。

寝込んでいることを知らなかった吉平は、傍にいてやらなかったと詫びる。

すると、はなは、筆と紙が欲しいと言い出した。

筆と紙を渡すと、起き上がって文字を書き始める。

それを見た吉平は、時世の句だといい、はながそれを読み終わると、「今までお世話になりました」と伝えた。

泣き崩れる吉平とふじだったが、医者に診せていないことを知った吉平は、はなを抱きかかえて、急いで医者のもとへ連れて行く。

ここまでが、4月3日に放送された朝ドラ「花子とアン」第4話のあらすじのネタバレです。

この時世の句で、吉平がまた訴えるんですよね、、、

花子とアン第5話のあらすじを知りたい方は、第5話『本が好き』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第4話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第4話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン4話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第1週目第4話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。