花子とアン第43話のネタバレあらすじ!代用教員

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」8週目第43話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第42話「卒業式」では、修和女学校を卒業したはなが皆と別れの挨拶を交わすストーリーでした。

花子とアンの第43話「代用教員」では、甲府に帰ったはなが、母校の代用教員として働くストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年5月19日(月)放送
第9週サブタイトル『想像のツバサ?』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第43話のネタバレあらすじ

ここからは、5月19日に放送された朝ドラ「花子とアン」第43話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン43話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

大正2年(1913年)4月のこと。
甲府に帰ったはなは、母校の阿母里尋常小学校の教師になり6年生を担当することになる。
朝市(窪田正孝)は3年生の担当だった。
新任初日の朝、はなはとても緊張していたが、ふじ(室井滋)に大丈夫だと励まされる。

そこに朝市がはなを迎えにきたので一緒に小学校に向かう。
はなたちの担任だった本多先生(マキタスポーツ)は校長先生になっていた。はなと朝市は職員室で、他の先生に挨拶を済ませる。
はなの授業が始まり6年生に挨拶をすると、生徒たちは笑った。
出席を取っていると背中に赤ちゃんを負ぶったたえという生徒が教室に入って来た。

たえは弟が漏らしてしまい遅刻したと話す。
はなが国語の授業を始めると生徒たちが騒ぎ出し、隣の組で授業をしていた緑川が注意しにくる。

緑川のいいようにはなは腹を立てた。
午後の授業でも、生徒たちは好き勝手なことをして、全く授業にならなかった。
そこではなは、理科の授業では生き物の勉強をしますと生徒たちと校外学習に出かける。
生徒たちは大喜びだったが、はなは校長先生に怒られることになった。
はなを庇おうとした朝市まで一緒に罰を受けることになり、2人は水桶を持って廊下で立たされていた。

罰を受けながらもはなと朝市は子供の頃の話を始め笑いあう。
そんなはなと朝市のことを生徒たちは隠れて見ていた。

ここまでが、5月19日に放送された朝ドラ「花子とアン」第43話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第44話のあらすじを知りたい方は、第44話『校長から注意』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第43話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第43話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン43話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第8週目第43話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。