花子とアン第46話のネタバレあらすじ!雑誌に投稿

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」8週目第46話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第45話「たえとの別れ」では、親戚の家に引き取られることになったたえが、安東家を訪れ、はなに別れの挨拶をするストーリーでした。

花子とアンの第46話「雑誌に投稿」では、たえさんのために書いた童話「ミミズの女王」を雑誌に投稿するストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年5月22日(木)放送
第8週サブタイトル『想像のツバサ?』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第46話のネタバレあらすじ

ここからは、5月22日に放送された朝ドラ「花子とアン」第46話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン46話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 退職願いをだすが、生徒たちのおかげで教師を続けられることに
  • たえから手紙が届く
  • たえのために、物語を書き上げる
  • たえの住所が不明で、朝市から雑誌の投稿を勧められる
  • 「安東花子」のペンネームで登校する
  • 福岡の蓮子は女学校設立の夢が砕かれた

退職願い

たえのことで責任を感じたはなは、校長に退職願いを出すが受理されなかった。

なんと、生徒たちがはなを辞めさせないで欲しいと頼んだという。

安東はな(吉高由里子)は、嬉しくてたまらなかった。

たえからの手紙

はなが先生らしくなってきた頃、親戚の家に行ったたえからの手紙が届く。

切手を買うお金などないたえの手紙は、人から人へと渡りながら何日もかけてはなの元に届いたのだった。

見知らぬ環境で辛い思いをしながらも、想像の翼を広げて頑張っているというたえ。

夜の図書室ではなが作ったミミズの物語の続きを楽しみにしているという言葉に、はなの創作意欲が沸く。

ミミズの女王

はなは教会で、たえのために「ミミズの女王」という物語を書き上げる。

そこに木場朝市(窪田正孝)が現れ、どこに送るのかと聞かれた時、たえの住所が不明であることに気がつく。
朝市は雑誌に投稿すれば、たえが見てくれるかも知れないと話す。

はなは「ミミズの女王」を葉山蓮子(仲間由紀恵)から授かった「安東花子」のペンネームで投稿することを決意する。

夢砕かれた蓮子

その頃、福岡の蓮子は、娘の冬子に言葉使いや礼儀作法、英語まで教えようとしていた。

しかし、嘉納冬子(城戸愛莉)は反発し、女中の山元タミ(筒井真理子)にも嫌味を言われる始末。

さらに、望まない伝助との結婚に見いだした唯一の希望であった、福岡での女学校の設立にも暗雲が漂う。

嘉納伝助(吉田鋼太郎)は女学校に資金は出すが、教育方針には口は出さず丸投げすると言う。

自分の理想とする女学校を創るという連子の夢が砕け散った。

ここまでが、5月22日に放送された朝ドラ「花子とアン」第46話のあらすじのネタバレです。

朝市の勧めで応募しましたが、これがなんと見事受賞するんですよね、、、

花子とアン第47話のあらすじを知りたい方は、第47話『「みみずの女王」が受賞!』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第46話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第46話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン46話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第8週目第46話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。