花子とアン第45話のネタバレあらすじ!たえとの別れ

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」8週目第45話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第44話「校長から注意」では、生徒のたえに自分のご飯を与えていたら、校長から特定の生徒を同情するなと注意されるストーリーでした。

花子とアンの第45話「たえとの別れ」では、親戚の家に引き取られることになったたえが、安東家を訪れ、はなに別れの挨拶をするストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年5月21日(水)放送
第10週サブタイトル『想像のツバサ?』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第45話のネタバレあらすじ

ここからは、5月21日に放送された朝ドラ「花子とアン」第45話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン45話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

はなが小学校の先生になってから1ヶ月が経った頃。
たえ(伊藤真弓)は1週間学校を休んでいた。心配したはなは、放課後たえの家に行きたいと校長に切り出すと、たえは親戚の家に引き取られもう学校にはこないと知らされる。
はなが家に帰ると家の前ではなんとたえがいた。

弟はよその家にもらわれたとたえは話し出す。
たえは最後の挨拶をするためにはなに会いに来たのだった。

そして持っていた白い花をはなに渡す。
すると、家の中からふじ(室井滋)があらわれ、たえにご飯を食べさせ泊まらせようと言い出す。
たえはご飯を食べている途中で部屋の隅にあった親指姫の本を見つけ読み始める。

そんなたえを見てはなは連れていきたい場所があると告げる。
夕食後はながたえを連れて行った場所は教会の図書室だった。

たえは図書室に入る大喜びした。
その頃、安東家には朝市(窪田正孝)が小学校の用務員さんと慌てた様子でやってきていた。

ふじがどうかしたのかと聞くと、朝市はたえの行方を捜していると答える。
はなとたえは朝市たちが探していたことを知らず図書室で楽しい時間を過ごしていた。
そこに朝市と用務員さんが入ってきて、朝市は珍しく怒った。

そしてたえは用務員さんに連れていかれる。
翌日、はなは自宅謹慎するようにと告げられた。

その頃小学校では、朝市が校長先生にはなを許して欲しいと頼んでいた。

ここまでが、5月21日に放送された朝ドラ「花子とアン」第45話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第46話のあらすじを知りたい方は、第46話『雑誌に投稿』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第45話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第45話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン45話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第8週目第45話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。