花子とアン第60話のネタバレあらすじ!売り込み

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」10週目第60話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第59話「約束」では、ももが北海道に旅立つ日に、はなに新しい物語を書いたら送って欲しいと約束するストーリーでした。

花子とアンの第60話「売り込み」では、新しく書きあげた童話「たんぽぽの目」を向学館に売り込みに行くストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年6月7日(土)放送
第10週サブタイトル『乙女よ、大志を抱け!』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第60話のネタバレあらすじ

ここからは、6月7日に放送された朝ドラ「花子とアン」第60話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン60話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

はなは「たんぽぽの目」の原稿を持ち、向学館の梶原(藤本隆宏)の元に向かった。
梶原は忙しそうで、はなは後から入って来た宇田川満代に邪魔だからどいてといわれる。

宇田川はみんなから先生と呼ばれ人気作家になっていた。
向学館では醍醐が久しぶりと声をかけてきた。

明日出直した方がいいといわれ、はなは原稿を預け明日出直すことにする。
その夜はなはかよの所に泊まったのだった。

はなとかよは久しぶりに会い、手紙では書ききれなかったことを話し合う。
翌日、はなは向学館に向かう。梶原は「たんぽぽの目」を読み終わった後、絶賛して出版依頼までしたのだった。
向学館からの帰り際にはなは、梶原から近々独立して新しい出版社を作るつもりだと話しかけられる。

梶原は「赤い鳥」のような児童向けの本を出したいようだった。
そして、独立後の第1冊目としてはなの「たんぽぽの目」出版したいといわれる。
梶原は、はなが本気で物語を書き続けていく気があるなら、東京に来ないかとはなを誘う。
新しい会社で一緒に働けば、いろんな出会いがありはなにとってもいい勉強になるという。
どうやら、醍醐もその新しい出版社で働くようで、はなに一緒に頑張りましょうと誘うのだった。

ここまでが、6月7日に放送された朝ドラ「花子とアン」第60話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第61話のあらすじを知りたい方は、第61話『梶原のお願い』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第60話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第60話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン60話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第10週目第60話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。