花子とアン第59話のネタバレあらすじ!約束

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」10週目第59話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第58話「ももの告白」では、朝市の好きな人が自分じゃないとしったももが、朝市に告白して縁談を受ける決意をするストーリーでした。

花子とアンの第59話「約束」では、ももが北海道に旅立つ日に、はなに新しい物語を書いたら送って欲しいと約束するストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年6月6日(金)放送
第12週サブタイトル『乙女よ、大志を抱け!』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第59話のネタバレあらすじ

ここからは、6月6日に放送された朝ドラ「花子とアン」第59話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン59話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

はなは帰宅すると、泣いているもも(土屋太鳳)をふじ(室井滋)が抱きしめているところを見た。
ももが北海道に行く当日の朝。
ももを心配してはなや周造(石橋蓮司)、リン(松本明子)は、餞別を持たせた。

ももは荷造りが終わると、家族一人ひとりに挨拶をする。
はなは、ももに「お姉やんはおらの自慢じゃ!お姉やんの新しい物語楽しみにしてる。

書けたら送ってくりょう!約束だよ。」といわれたのが忘れられなかった。
ももは甲府の景色を眺め深く一礼して旅立つ。
ももにいわれたことが心に残っているはなは、もものために新しい物語を書くために原稿用紙を用意する。
そして、はなの新作童話のタイトルが「たんぽぽの目」に決まった。
その物語はこうである。
百合子という少女は一人っ子で友達が遊びに来ることがなく、寂しがっていた。

そして、誰か遊びに来ないかなと言いながら庭の木戸から裏の原っぱに出ていく。
その少女は、お父さんにたんぽぽは子どもに似ているという。

チョウチョウやハチと一日中踊っているようで、お日様が沈むとたんぽぽも目を塞いで眠ると話し出す。
そして、お父さんにこれからはたんぽぽを邪魔だなんて言わないようにしようというと、百合子の父は優しく百合子の頭をなでたのだった。
はなはこの「たんぽぽの目」を出版社に持ち込んで直談判しようとしていた。

ここまでが、6月6日に放送された朝ドラ「花子とアン」第59話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第60話のあらすじを知りたい方は、第60話『売り込み』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第59話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第59話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン59話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第10週目第59話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。