花子とアン第58話のネタバレあらすじ!ももの告白

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」10週目第58話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第57話「女中と大喧嘩」では、伝助がお金で何でも解決するやり方に不快感を露にした蓮子とそれを良しとする女中・タミが大喧嘩をするストーリーでした。

花子とアンの第58話「ももの告白」では、朝市の好きな人が自分じゃないとしったももが、朝市に告白して縁談を受ける決意をするストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年6月5日(木)放送
第12週サブタイトル『乙女よ、大志を抱け!』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第58話のネタバレあらすじ

ここからは、6月5日に放送された朝ドラ「花子とアン」第58話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン58話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

もも(土屋太鳳)は、大好きな朝市(窪田正孝)がはなを好きだと知ってしまったのだった。
家に帰ったももは家族の前で平静を装う。その夜、ももは重大な決意をする。
翌朝の朝食時に、ももはみんなに縁談を受けると宣言する。だが、はなは納得いかなかった。
はなは学校に着いてはなの縁談のことを報告する。

朝市はやっと決心がついたのかというと、はなに鈍感といわれる。
その後、はなは朝市を協会の図書室に呼び出した。

帰宅後ももに協会の図書室で朝市に自分の気持ちを伝えるようにアドバイスする。
ももは教会の図書室に向かい朝市に話しかける。

ももが声をかけると朝市は不思議がっていた。
ももは勇気を出して朝市のことが好きだと伝える。

朝市は戸惑いどう返事すればいいのかわからずにいた。
すると、ももが朝市にはなのことを好きかと聞く。

朝市が好きだと答えると、ももははなに気持ちを伝えるようにいう。
そして、ももははなのことを頼むと別れの挨拶を告げその場を笑顔で立ち去った。

家に帰るとふじがほうとうを作って待っていた。

そして、ももはふじに抱きしめられると泣き出す。
ももは言葉に詰まり、ふじが何もいわなくてもいいとももの背中を優しく叩いたのだった。

ここまでが、6月5日に放送された朝ドラ「花子とアン」第58話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第59話のあらすじを知りたい方は、第59話『約束』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第58話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第58話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン58話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第10週目第58話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。