花子とアン第57話のネタバレあらすじ!女中と大喧嘩

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」10週目第57話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第56話「茶飲み会」では、ももと朝市の仲を取り持とうと、はなが徳丸に相談して茶飲み会が開催されるストーリーでした。

花子とアンの第57話「女中と大喧嘩」では、伝助がお金で何でも解決するやり方に不快感を露にした蓮子とそれを良しとする女中・タミが大喧嘩をするストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年6月4日(水)放送
第12週サブタイトル『乙女よ、大志を抱け!』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第57話のネタバレあらすじ

ここからは、6月4日に放送された朝ドラ「花子とアン」第57話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン57話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

蓮子は炭坑夫たちに罵倒され突き飛ばされてしまう。

それを黒沢が庇おうとしたが、彼らの怒りは収まらなかった。
その時帰って来た伝助は、彼らにお金を渡し呆気なく解決させる。
その様子を陰から見ていた蓮子は、伝助がお金で解決したことに怒りを露わにした。
すると、女中のタミがこの家の昔からのやり方がいいのだといい2人は喧嘩を始めビンタし合う。
蓮子はタミに人形は人形らしく黙っていればいいといわれたことに傷ついた。傷付いた蓮子は、はなに今すぐ逃げ出したいと手紙を書き始めたが伝助があらわれ手紙を片付ける。
伝助は謝りにきたが、途中で倒れてしまう。

医者に診てもらうと当分安静するようにいわれる。
蓮子は一人で看病をした。目覚めた伝助と蓮子の間には夫婦らしい和やかな時間が流れる。
その頃、はなはいつもの教会の図書室にいた。蓮子から送られてきた歌集を見ながら物語を書こうとしていたが、焦れば焦るほど何も思い浮かばなかった。
その頃、安東家では吉平がふじにももの縁談の話をしていたが、ふじは相変わらず放っておけばいいという。

そこにもも(土屋太鳳)があらわれ帰ってこないはなを迎えに行くことになる。
教会の図書室にきたももは、朝市(窪田正孝)がはなの寝顔を愛しそうに見つめている姿を目撃してしまうのだった。

ここまでが、6月4日に放送された朝ドラ「花子とアン」第57話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第58話のあらすじを知りたい方は、第58話『ももの告白』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第57話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第57話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン57話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第10週目第57話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。