花子とアン第56話のネタバレあらすじ!茶飲み会

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」10週目第56話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第55話「ももの見合い」では、久しぶりに帰ってきた吉平が、ももの見合い話を持って帰って来るストーリーでした。

花子とアンの第56話「茶飲み会」では、ももと朝市の仲を取り持とうと、はなが徳丸に相談して茶飲み会が開催されるストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年6月3日(火)放送
第12週サブタイトル『乙女よ、大志を抱け!』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第56話のネタバレあらすじ

ここからは、6月3日に放送された朝ドラ「花子とアン」第56話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン56話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

茶飲み会は日曜日に徳丸家で開かれ、はなともも、朝市と武が参加した。
急にはながトイレに行きたいと言い出し武を連れ出して席を外れる。

そしてはなは武に話したいことがあると伝える。
そして、はなは用事を思い出したから帰るといい武に家まで送ってほしいと頼む。
はなが帰ったことを知ると、朝市とももは困ってしまい2人で帰ることにした。
入口の前で立ち止まって話をするももと朝市。

それを見ていたはなはふじたちに相談するが、ふじは放っておけばいいといい、吉平は縁談の話を諦めきれない様子だった。
そんなある日、はなのところに荷物が届く。
宛名には嘉納蓮子と書かれていて、はなは驚いた。

中身は蓮子の歌集だったが、もう二度と連絡をしないだろうと思っていた蓮子からの贈り物にはなは戸惑いを隠せなかった。
手紙にははなの童話を読んだことや自分が先に歌集を出したことなどが書かれていた。

蓮子が先に歌集を出したことを知り、はなは本に対する情熱を取り戻す。
その頃、福岡の嘉納邸ではとんでもない事件が起こっていた。

異変に気づいた蓮子は、黒澤に何があったのかと尋ねる。
すると、黒澤は困りながら炭鉱でガス爆発が起こり大勢のか犠牲者が出たと答える。

そんな蓮子の元に炭鉱で働く者たちが怒鳴りこんできたのだった。

ここまでが、6月3日に放送された朝ドラ「花子とアン」第56話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第57話のあらすじを知りたい方は、第57話『女中と大喧嘩』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第56話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第56話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン56話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第10週目第56話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。