花子とアン第55話のネタバレあらすじ!ももの見合い

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」10週目第55話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第54話「入営の日」では、吉太郎が入営の日がやってきて、家族たちと言葉を交わし、安東家を後にするストーリーでした。

花子とアンの第55話「ももの見合い」では、久しぶりに帰ってきた吉平が、ももの見合い話を持って帰って来るストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年6月2日(月)放送
第12週サブタイトル『乙女よ、大志を抱け!』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第55話のネタバレあらすじ

ここからは、6月2日に放送された朝ドラ「花子とアン」第55話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン55話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 四年の歳月が経ち、吉太郎は憲兵になって家族を支える
  • 吉平がももの縁談話を持って帰郷する
  • 好きな人に嫁ぎたいと言うもも
  • ももの好きな人が朝市だと確信するはな
  • 二人を結びつけるため、茶飲み会が開催されることになる。

ももの縁談

大正7年(1918)年、安東はな(吉高由里子)が始めて生徒を送り出した卒業式から4年の歳月が経った。

安東吉太郎(賀来賢人)は二年の兵役後、家に戻らず憲兵になり、家族に仕送りをしている。

吉平は、徳丸甚之介(カンニング竹山)に借金を返すため、行商で全国を巡っていた。

そんな吉平がももの縁談話を持って帰ってくる。

その夜、安東もも(土屋太鳳)ははなに、嫁に行くなら好きな人のところに行きたいと話す。

もしかして?

次の日の朝、ももは、はなを迎えに来た朝市の顔を隠れて見ていた。
朝市の着物の袖がほつれているのに気付き、繕おうとするはな。

しかし、裁縫の苦手なはなは、朝市の腕を針で刺してしまう。
見かねたももが代わりに繕うと、木場朝市(窪田正孝)が上手だと褒める。

嬉しそうなももの表情を見たはなは、ももの好きな人は朝市ではないかと感じる。

確信

学校の昼休み、はなは朝市に妹に縁談の話があることを伝える。

朝市は、ももが嫁いだら寂しくなると言った。

そのことを家に帰ってももに話すと、ももの顔が嬉しそうな顔をした。

この反応に、ももの好きな人が朝市だと確信したはな。

茶飲み会の計画

しかし、安東吉平(伊原剛志)は、自分の縁談話がももには最適だと信じて譲らない。

父を諦めさせるには、朝市とももを早くくっつけるしかないと決意するはな。

しかし、大人の男女を仲良くさせるにはどうしたらいいのか。

そこで借金の返済がてら徳丸に尋ねてみると、茶飲み会ではないかという。

これを聞いて、徳丸武(矢本悠馬)が徳丸の家で茶飲み会を開催してくれることになった。

ここまでが、6月2日に放送された朝ドラ「花子とアン」第55話のあらすじのネタバレです。

茶飲み会をすることになりましたが、福岡ではとんでもないことが起こるんですよね、、、

花子とアン第56話のあらすじを知りたい方は、第56話『茶飲み会』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第55話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第55話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン55話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第10週目第55話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。