花子とアン第61話のネタバレあらすじ!梶原のお願い

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」11週目第61話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第60話「売り込み」では、新しく書きあげた童話「たんぽぽの目」を向学館に売り込みに行くストーリーでした。

花子とアンの第61話「梶原のお願い」では、梶原が甲府にやって来て、ふじたちにはなと東京で一緒に仕事をさせてほしいとお願いするストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年6月9日(月)放送
第13週サブタイトル『グッバイ!はな先生』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第61話のネタバレあらすじ

ここからは、6月9日に放送された朝ドラ「花子とアン」第61話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン61話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

ある日、東京から梶原(藤本隆宏)が、はなを訪ねに甲府の安東家を訪れていた。
梶原は本になった「たんぽぽの目」をはなに渡す。はなはそれを受け取り喜んだ。
梶原は、はなに東京で働いてほしいことを伝える。

しかし、家族のことが心配だったはなはそれを断ったのだった。
梶原はずっと待っているからいつでも連絡してほしいとはなに名刺を渡して東京へ帰っていく。
その夜、はなは蓮子(仲間由紀恵)に手紙を書いて「たんぽぽの目」のことを報告した。
はなから手紙が届いた蓮子は、「たんぽぽの目」を読もうとページをめくると腹心の友に捧ぐと書き込まれているのに気づき喜んだ。
その頃、甲府でははなが小学校に出勤すると校長、緑川、朝市が「たんぽぽの目」を読んでいた。

それを見たはなは、嬉しそうに読んでくれてありがとうと伝える。
しかし、朝市はまたはなが甲府からいなくなるのではないかと不安だった。
朝市は、はなが心の中で家族を思う気持ちと東京に行きたいという気持ちの板挟みになっていることに気付いていた。
朝市は今日はなに告白しようと決心して、放課後教会の図書室に来て欲しいとはなに頼む。
そして、朝市が自分の気持ちを伝えようとした時、リンが慌てて家に帰るようにと呼びに来た。
はなが、家に帰るとふじが見知らぬ女と睨みあっていた。

はなが周造に小声で誰かと聞くと、ふじはなんと吉平の女だと答えたのだった。

ここまでが、6月9日に放送された朝ドラ「花子とアン」第61話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第62話のあらすじを知りたい方は、第62話『おとうの女』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第61話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第61話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン61話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第11週目第61話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。