花子とアン第67話のネタバレあらすじ!カフェーの女給

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」12週目第67話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第66話「学校を去る日」では、東京にいくことを決意したはなが、学校を去るストーリーでした。

花子とアンの第67話「カフェーの女給」では、かよから届いた葉書の住所を訊ねると、かよがカフェー「ドミンゴ」で働いていたストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年6月16日(月)放送
第14週サブタイトル『銀座のカフェーで会いましょう』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第67話のネタバレあらすじ

ここからは、6月16日に放送された朝ドラ「花子とアン」第67話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン67話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

はな(吉高由里子)は、自分の夢を叶えるために東京の出版社で働くことにしたのだった。
はなは、かよ(黒木華)が働いている銀座のお店に向かう。

そこはずいぶんお洒落なカフェで、お客さんがたくさんいた。
とりあえずかよが勧めてきたブラジルコーヒーを注文してみたはなは、苦いと顔をしかめるのだった。
西洋文学の話で盛り上がっていた学生たちは演劇の話をし始める。
その中の1人宮本龍一(中島歩)がかよに話しかけているのを聞いたはなは心配する。
その夜かよは、はなを連れ自分の家に向かった。
はなはかよにどうして洋服店を辞めたのかと聞く。

かよは、カフェの女給なら知識がなくてもチップがもらえてたくさん仕送りできるからだと答える。
翌朝、はなは初出勤をする。
出勤して挨拶を済ませると編集会議に参加した。
梶原編集長(藤本隆宏)は、雑誌赤い鳥を手に持って意気込みを語った。

赤い鳥は、児童向けとはいってもハイレベルな文学性を追求している児童雑誌だったのである。
かよが働いているカフェードミンゴで、はなの歓迎会が開かれることになった。
梶原にウィスキーを注がれたはなは断りきれずに飲む。

初めて飲んだウィスキーが美味しく、はなはすぐに酔っぱらった。
それを見たかよは、はなを連れて帰ろうと外に出ると、はなは村岡英治にぶつかる。
そして、英治がはなを背負って送ることになった。
玄関まで送った英治は、昔自分が贈った英語の辞書が漬物石代わりになっているのを見てショックを受ける。

ここまでが、6月16日に放送された朝ドラ「花子とアン」第67話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第68話のあらすじを知りたい方は、第68話『原稿の依頼』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第67話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第67話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン67話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第12週目第67話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。