花子とアン第66話のネタバレあらすじ!学校を去る日

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」11週目第66話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第65話「周造死す!」では、周造が初雪が降った日に眠るように息を引き取るストーリーでした。

花子とアンの第66話「学校を去る日」では、東京にいくことを決意したはなが、学校を去るストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年6月14日(土)放送
第11週サブタイトル『グッバイ!はな先生』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第66話のネタバレあらすじ

ここからは、6月14日に放送された朝ドラ「花子とアン」第66話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン66話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

周造(石橋蓮司)が息を引き取った数日後、吉平(伊原剛志)は行商をやめて百姓になることを決めた。

吉平が力を合わして頑張るというとふじ(室井滋)は喜んだ。
その夜、はな(吉高由里子)は両親に東京に行きたいと頼む。

すると、ふじと吉平は笑って、はなを送り出すという。
大正8年(1919年)3月。
はなが学校を去る日、黒板にははなへの別れの言葉が書かれていた。
はなが生徒たちと別れを済ませて後、校長や他の先生たちが入ってくる。
そこで、はなは頭を下げて感謝の言葉を伝えた。

校長から東京に行っても頑張れ、はなは小学校の誇りだといわれはなは喜ぶ。
はなが東京に旅立つ前日の夜、ふじはほうとうを作ったからはなにいっぱい食べるようにと伝える。
そして、修和女学校を卒業した後甲府に戻ってきてくれたことに対して感謝を伝える。

はなが甲府に帰ってきてからの6年間は、ふじにとって一生の宝物になったのだ。
そこで、吉平がはなはいつもふじの作るほうとうは日本一だっていっていたなという。
はなはふじが作ったほうとうを美味しいといい、泣きながら食べていた。
そして、旅立ちの日お地蔵さんに手を合わせるのだった。
はなは人生の新しい曲がり角を曲がろうとしていたのである。

ここまでが、6月14日に放送された朝ドラ「花子とアン」第66話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第67話のあらすじを知りたい方は、第67話『カフェーの女給』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第66話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第66話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン66話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第11週目第66話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。