花子とアン第70話のネタバレあらすじ!ドミンゴで待ち合わせ

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」12週目第70話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第69話「歓迎会のやり直し」では、英治がはなのために歓迎会のやり直しをするストーリーでした。

花子とアンの第70話「ドミンゴで待ち合わせ」では、蓮子が東京にやってきて、ドミンゴではなが来るのを待つストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年6月19日(木)放送
第15週サブタイトル『銀座のカフェーで会いましょう』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第70話のネタバレあらすじ

ここからは、6月19日に放送された朝ドラ「花子とアン」第70話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン70話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

蓮子(仲間由紀恵)が東京に来ることになり、はな(吉高由里子)は再会できるのが嬉しくてたまらなかった。
蓮子と再会の約束をした当日、はなはお洒落して出勤した。
その日出版社にきた英治は、はなが大切な人に会うためにお洒落をしていると他の人から聞き気になりだす。
その頃、蓮子はカフェではなを待っていたがトラブルがおきていた。
かよは蓮子から注文されたセイロンティーがどんな飲み物かもわからないのに注文を引き受ける。
そして、バーテンや他の女給に聞くがみんな知らないと答える。
そこでかよはお客さんにセイロンティーのことを聞いてみると、宮本龍一(中島歩)が反応した。
出版社では、はなが退社しようとしていたところ宇田川があらわれる。
宇田川は、はなにしつこくされて迷惑だと苦情をいいにきたのだった。
梶原が連載小説を書いてほしいというと、宇田川は面白い恋愛話を提供してくれるなら考えてもいいと答える。
宇田川は、はなに経験不足だから使えないと言い放つ。
それを聞いた須藤がはなは今夜逢い引きの予定があると告げてしまう。
カフェでは、蓮子が待ちくたびれていた。
そこにかよがセイロンティーを持ってきたが蓮子は全く違う飲み物だという。
すると、龍一が蓮子のテーブルにあらわれ、新興成金の奥方にはまずいコーヒーを飲ませて追っ払えと指示を出したのだという。
蓮子は冷静に対応して私に何かご用ですかと龍一に尋ねた。

ここまでが、6月19日に放送された朝ドラ「花子とアン」第70話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第71話のあらすじを知りたい方は、第71話『10年ぶりの再会』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第70話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第70話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン70話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第12週目第70話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。