花子とアン第71話のネタバレあらすじ!10年ぶりの再会

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」12週目第71話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第70話「ドミンゴで待ち合わせ」では、蓮子が東京にやってきて、ドミンゴではなが来るのを待つストーリーでした。

花子とアンの第71話「10年ぶりの再会」では、蓮子とはなが10年ぶりに再会するストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年6月20日(金)放送
第15週サブタイトル『銀座のカフェーで会いましょう』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第71話のネタバレあらすじ

ここからは、6月20日に放送された朝ドラ「花子とアン」第71話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン71話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

蓮子は龍一に早く帰るようにいわれるが、カフェから出ることはなかった。
その頃、出版社では宇田川(山田真歩)がはなに恋愛の話を聞かせるようにと迫っていた。
するとはなは、経験不足で話せることはありませんと謝り急いでカフェに向かう。
はなはカフェに着くと蓮子を探したが見当たらず落ち込んだ。

しかし、自分を呼ぶ懐かしい声が聞こえ、見てみると蓮子が笑顔であらわれた。
2人は10年ぶりの再会をとても喜んだ。そして、葡萄酒で乾杯を始める。
カフェに英治と郁弥があらわれ、郁弥はかよに花をプレゼントした。
かよは、はなをもらうよりチップの方が嬉しいのにという。

郁弥は気にせずその花をかよの髪にさしよく似合うと微笑んだ。
かよは英治をはなと蓮子の席に案内する。

はなは二人を紹介した。
英治は、はなが逢い引きしていなかったことがわかると安心する。

はなと英治の会話を聞いていた蓮子は何かを感じ取る。
そして、英治が席を離れようとすると蓮子が、椅子に座るようにと引き止めた。
はなが郁弥に本のお礼をいうと、郁弥から英治がはなの好きそうな本を贈りたいといっていたことを知る。
蓮子は、はなのことを愛おしそうに見つめていた英治に気づきストレートにはなのことが好きなのかと英治に聞く。
すると英治は、何か言いかけようとしたが、かよがはなにお酒をやめさせようとする声で話が中断する。
その夜蓮子は、かよとはなの家に泊まり翌朝帰っていった。

ここまでが、6月20日に放送された朝ドラ「花子とアン」第71話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第72話のあらすじを知りたい方は、第72話『はなの告白』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第71話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第71話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン71話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第12週目第71話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。