花子とアン第71話のネタバレあらすじ!10年ぶりの再会

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」12週目第71話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第70話「ドミンゴで待ち合わせ」では、蓮子が東京にやってきて、ドミンゴではなが来るのを待つストーリーでした。

花子とアンの第71話「10年ぶりの再会」では、蓮子とはなが10年ぶりに再会するストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年6月20日(金)放送
第12週サブタイトル『銀座のカフェーで会いましょう』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第71話のネタバレあらすじ

ここからは、6月20日に放送された朝ドラ「花子とアン」第71話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン71話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 龍一が、蓮子に向かって敵意むき出しで迫る
  • 宇田川から逃げ出し、やっと蓮子に再会する
  • 蓮子を紹介され、はなが逢引きではなかったことに安心する英治
  • 郁也から、「王子と乞食」の本が英治からの贈り物であると知らされる
  • はなのことが好きなのだと蓮子に指摘され、動揺する英治

ブルジョアは出ていけ

蓮子のことをブルジョアと言い、敵意むき出しな態度で店から出て行けと迫る宮本龍一(中島歩)

しかし、葉山蓮子(仲間由紀恵)は動じることなく、世界でいちばん大切な友に会うから決して帰らないと言い放つ。

恋愛話

その頃、聡文堂では、はなの恋愛話を語れと宇田川満代(山田真歩)がはなに迫っていた。
蓮子を待たせていて焦る安東はな(吉高由里子)は、自分は経験不足で話せることはないと頭を下げると、聡文堂を飛び出した。

やっと会えた!

カフェーに到着するも、蓮子が見当たらず落ち込むはな。

すると背後から「はなちゃん!」という声が聞こえ、店の奥から蓮子が出てきた。

10年ぶりの再会に感動し喜び合う二人。

逢引きではなかった!

再会を祝して葡萄酒で乾杯するはなと蓮子。

するとなぜか、カフェーに英治と村岡郁弥(町田啓太)が現れる。

はなは、英治に蓮子を「女学校時代の腹心の友」と紹介する。
村岡英治(鈴木亮平)は、はなが男と逢引きしていなかったことに胸を撫で下ろす。

その様子を見た蓮子は、英治がはなに気があるのではにかと感じた。

英治の思い

はなは席を離れ、「王子と乞食」の本のお礼を郁也に伝える。

すると、郁也は「あの本は兄から、あなたが気に入るような本を贈りたいと頼まれた」と打ち明ける。

そして、はなに英語への情熱を取り戻して欲しいという英治の思いを知る。

今日も何冊か持ってきているからと郁也が本を渡すと、はなはすぐに夢中になって読み始めた。

そんなはなの様子を愛おしそうに見つめる英治に、蓮子は「村岡さんははなちゃんのことが好きなのね」と言った。
その言葉にひどく動揺する英治。

別れ

その夜、蓮子は安東かよ(黒木華)とはなの暮らす家に泊まった。

翌朝、嘉納家の使用人が蓮子を迎えにきた。

蓮子は、急いで何かを書き、それをはなの英語の辞書に挟み込んだ。

そして、素敵な恋をしているはなが羨ましいと言い、去って行った。

 

ここまでが、6月20日に放送された朝ドラ「花子とアン」第71話のあらすじのネタバレです。

やっと会えましたが、ある人に告白するんですよね、、、

花子とアン第72話のあらすじを知りたい方は、第72話『はなの告白』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第71話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第71話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン71話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第12週目第71話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。