花子とアン第72話のネタバレあらすじ!はなの告白

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」12週目第72話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第71話「10年ぶりの再会」では、蓮子とはなが10年ぶりに再会するストーリーでした。

花子とアンの第72話「はなの告白」では、はなが自分の正直な気持ちに気づき、英治に告白するストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年6月21日(土)放送
第12週サブタイトル『銀座のカフェーで会いましょう』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第72話のネタバレあらすじ

ここからは、6月21日に放送された朝ドラ「花子とアン」第72話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン72話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

蓮子(仲間由紀恵)が帰り際に言った「素敵な恋をしているはなちゃんが羨ましい。」という言葉がはな(吉高由里子)は気になっていた。
はなは出版社で梶原(藤本隆宏)から読んで面白そうなら新しい雑誌に入れるという条件付きで、明日までに原稿を1話分書くことになる。
原稿を書き終えたはなは、英英辞典を持ち上げると蓮子からのメッセージが落ちる。
メッセージには、こう書かれていた。「この辞書の贈り主はずっと前からはなちゃんの心の中にいたのね。自分の気持ちに素直になりなさい。」
はなは驚いたが、自分が英治を意識している事に気づく。
翌朝、原稿を見た梶原から掲載の許可がおり、はなは喜ぶ。
はなが村岡印刷に原稿を渡すことになり、出版社で英治が原稿を取りに来るのを待っていた。
その日、激しい雷雨になりはな以外は全員帰宅してしまう。
そして、英治がやってくる。はなは英治のことを意識してしまい、ぎこちなく対応する。
英治ははなが王子と乞食の翻訳を1週間で終わらせたことに驚き褒めた。
はなはドキドキして蒸し暑いと呟く。すると、英治が気を遣い窓を開けた。
だが、強風が入ってきて原稿が吹き飛ばされる。2人は原稿を急いで拾い集め、思わず顔を見合わせて笑う。
そして、はなは英治に好きだと告白し、傘もさず雨の中に飛び出す。
そんなはなを英治は追いかけ抱きしめたのだった。

ここまでが、6月21日に放送された朝ドラ「花子とアン」第72話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第73話のあらすじを知りたい方は、第73話『恋のライバル』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第72話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第72話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン72話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第12週目第72話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。