花子とアン第74話のネタバレあらすじ!既婚者

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」13週目第74話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第73話「恋のライバル」では、はなと英治が抱擁しているところを目撃した醍醐が、恋のライバルとして宣戦布告するストーリーでした。

花子とアンの第74話「既婚者」では、かよが英治が既婚者だと知り、はなのことが気が気でないストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年6月24日(火)放送
第15週サブタイトル『その恋、忘れられますか?』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第74話のネタバレあらすじ

ここからは、6月24日に放送された朝ドラ「花子とアン」第74話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン74話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

英治に忘れてほしいと言われたはなは茫然としていた。

翌朝、はなは出勤して英治のことを考えないようにしていたが、あからさまに不自然な態度だった。
その頃、福岡の蓮子(仲間由紀恵)が部屋に引きこもっている時に東京から宮本龍一が会いに来る。
部屋に入った龍一は転んでしまい、2人して笑いだす。
龍一はなんと蓮子に劇団の脚本を書いてほしいと頼んだのだった。

そして、蓮子に引き受けてもらうまで帰らないと告げる。
その頃はなは、英治のことを思っていた。

その日、英治は用事があったようで郁弥が代わりにやってきた。
その夜、郁弥はいつも通りかよに花を届けていた。
かよは郁弥に英治さんはいないのかと尋ねると、兄は義姉さんの見舞いに行ったと答える。
そこで、かよは英治には結核で入院している妻がいることを知る。
そこに、はなや聡文堂のメンバーがやってきた。
かよは小声で英治が結婚していることを内緒にしてほしいと頼む。
醍醐が郁弥をテーブルに誘う。そこではなが王子と乞食は郁弥にもらったことを話す。
そこで、醍醐が郁弥に英治の好きなものは何かと尋ねる。

郁弥がナマケモノと答えると、はなは笑った。
英治が結婚していることを知ったかよは、はなのことが心配でたまらなかった。

ここまでが、6月24日に放送された朝ドラ「花子とアン」第74話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第75話のあらすじを知りたい方は、第75話『安堵』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第74話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第74話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン74話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第13週目第74話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。