花子とアン第75話のネタバレあらすじ!安堵

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」13週目第75話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第74話「既婚者」では、かよが英治が既婚者だと知り、はなのことが気が気でないストーリーでした。

花子とアンの第75話「安堵」では、はなが英治に振られて終わったと知り、安堵するストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年6月25日(水)放送
第16週サブタイトル『その恋、忘れられますか?』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第75話のネタバレあらすじ

ここからは、6月25日に放送された朝ドラ「花子とアン」第75話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン75話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

翌朝かよは、はな(吉高由里子)に、英治(鈴木亮平)のことはやめた方がいいと忠告した。
カフェでは、かよといつもの老紳士が楽しそうに話していた。
この老紳士は、実は英治と郁弥の父、村岡平祐(中原丈雄)だったのだ。
村岡印刷に平祐がやってくると英治と郁弥が話しかける。

そして、3人は会議を始める。
会議が終わると平祐は、英治に話しかけた。
そこで、いつ治るか分からない英治の妻である香澄との離縁の話が出る。

だが、英治は目を伏せそんなことは考えられないと答える。
そして英治は聡文堂に向かう。

聡文堂に英治がやって来るとはながお茶を出す。
仕事の話が終わり英治が帰ろうとしたところをはなが外まで追いかけ呼び止める。

はなは余計なことを言わないように仕事のお礼だけいうと聡文堂に戻ろうとした。
それを今度は英治が呼び止める。

そして、はなが翻訳する言葉は美しく続きを楽しみにしていると伝えた。
そこで、はなは英治のことを忘れたいから優しくしないでほしいと伝える。

英治はただ謝ることしかできなかった。
その後、はなはカフェで宇田川(山田真歩)に原稿の話をしていると、吉太郎(賀来賢人)がやってきた。
はなとかよは喜び、吉太郎に声をかけると吉太郎は任務中だから知らないふりをしてくれと告げたのだった。

ここまでが、6月25日に放送された朝ドラ「花子とアン」第75話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第76話のあらすじを知りたい方は、第76話『兄妹の再会』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第75話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第75話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン75話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第13週目第75話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。