花子とアン第77話のネタバレあらすじ!蓮子のウソ

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」13週目第77話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第76話「兄妹の再会」では、吉太郎がドミンゴにやってきて、5年ぶりにはなと再会するストーリーでした。

花子とアンの第77話「蓮子のウソ」では、蓮子が伝助にウソをついて龍一と会っていたことを知り、道ならぬ恋だけはしてはいけないと忠告するストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年6月27日(金)放送
第16週サブタイトル『その恋、忘れられますか?』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第77話のネタバレあらすじ

ここからは、6月27日に放送された朝ドラ「花子とアン」第77話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン77話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

伝助(吉田鋼太郎)から、蓮子(仲間由紀恵)がはな(吉高由里子)が会う約束をしていることを聞いたが、はなは全く身に覚えがなかった。
だが、はなは勘違いしていたとなんとかごまかす。

そして、伝助は帰って行ったのだった。
その頃、蓮子は屋台で龍一(中島歩)と乾杯していて上機嫌だった。
龍一は蓮子が書いた脚本を読んで、後半のストーリーは変えるべきだという。だが、蓮子は断る。
その様子を吉太郎は隠れて見ていた。
その後、はなの家に蓮子がやってきて、さらに、吉太郎もやってきた。

そして、吉太郎は蓮子に龍一と関わらない方がいいと告げて出ていく。
蓮子は、はなに龍一から頼まれて脚本を書いていたことを説明する。

そして、村岡さんとの恋は順調かと聞く。
はなは告白したが、その翌日に英治から忘れてくださいと振られたことを話した。
はなが振られたと聞いた蓮子は納得できず、英治の会社に向かう。

英治に会った蓮子は、はなを振った理由を聞き向き合うように頼んだ。
その後、英治は聡文堂に電話をかけ、はなに大事な話があるから今夜会いたいと告げる。

そして、英治とはなは6時にカフェで会う約束をしたのだった。はなは受話器を置くのも忘れて、茫然とする。

ここまでが、6月27日に放送された朝ドラ「花子とアン」第77話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第78話のあらすじを知りたい方は、第78話『大事な話』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第77話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第77話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン77話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第13週目第77話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。