花子とアン第78話のネタバレあらすじ!大事な話

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」13週目第78話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第77話「蓮子のウソ」では、蓮子が伝助にウソをついて龍一と会っていたことを知り、道ならぬ恋だけはしてはいけないと忠告するストーリーでした。

花子とアンの第78話「大事な話」では、大事な話があると英治に呼び出されたはなだったが、かよから彼が既婚者であることを知らされショックを受けるストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年6月28日(土)放送
第13週サブタイトル『その恋、忘れられますか?』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第78話のネタバレあらすじ

ここからは、6月28日に放送された朝ドラ「花子とアン」第78話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン78話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

はなはカフェで待っていたが、英治はあらわれなかった。
その頃英治は、妻が喀血したと聞き病院にいたのだった。
かよは2時間も待っているはなをみて村岡印刷に電話して英治の居場所を聞く。
英治からすっぽかされたはなは、落ち込みながらもかよと家に向かう。
英治があらわれなかったことが心配になり、村岡印刷に向かうとするはなをかよが引き止める。そして、かよは英治が既婚者であることをはなに告げた。
その夜はなは、英治のことは忘れようと自分に言い聞かせていた。
翌日の郁弥が聡文堂に王子と乞食の全ページ分の挿絵を持って来て、みんなは喜ぶ。
そこで、挿絵を書いた人物が英治だと知ったはなは驚いた。

それを知った醍醐は、英治のことは諦めてはなのことを応援すると告げた。
はなが帰ると家の前に英治がいた。英治はカフェに行けなかったことを謝る。
英治は理由を話そうとしたが、はながそれを制して妻のことは聞いたと告げる。

そしては、お大事にといったあと挿絵のお礼を伝えると、英治はこれからも王子と乞食の挿絵を手伝わせて下さいといった。
はながもう優しくしないでと訴えると、英治は優しさではないという。

そして英治は、今の僕があなたにできることはそれしかないからといったのだった。

ここまでが、6月28日に放送された朝ドラ「花子とアン」第78話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第79話のあらすじを知りたい方は、第79話『創刊号の完成』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第78話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第78話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン78話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第13週目第78話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。