花子とアン第79話のネタバレあらすじ!創刊号の完成

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」14週目第79話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第78話「大事な話」では、大事な話があると英治に呼び出されたはなだったが、かよから彼が既婚者であることを知らされショックを受けるストーリーでした。

花子とアンの第79話「創刊号の完成」では、ショックを受けたはなだったが、宇田川から原稿を受け取り、気まずい中で英治に原稿を渡し『にじいろ』創刊号が完成するストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年6月30日(月)放送
第16週サブタイトル『ゆれる思い』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第79話のネタバレあらすじ

ここからは、6月30日に放送された朝ドラ「花子とアン」第79話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン79話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

はな(吉高由里子)は、新しい雑誌を完成させるために忙しい日々を送っていた。
そんな中、宇田川満代(山田真歩)の連載小説の承諾が得られずはなは困っていた。
そこやってきた三田が宇田川の逢引を読み始める。その内容が、はなと英治(鈴木亮平)にあった出来事に似ていてはなは戸惑う。
そこに宇田川満代から電話がかかってくる。

連載小説の第一話を書いているから原稿を取りに来るようにとのことだった。
はなはすぐカフェに向かう。

宇田川の銀河の乙女を読んだはなは絶賛した。
その後、はなは梶原から村岡印刷に原稿を届けるように頼まれる。
はなは、緊張しながら村岡印刷に向かい、英治に原稿を渡すと素早く帰宅する。
2週間後、郁弥がにじいろの創刊号を持って聡文堂にやってきた。

にじいろの創刊号の仕上がりに梶原は上機嫌になり、サイダーで乾杯した。
そこで、醍醐は英治が既婚者だったことを知り驚く。
醍醐ははなを、少し離れた場所に連れていき、英治が既婚者だったことを知っていたのかと聞き、はなを心配する。
はなは挿絵をみるたびに英治のことを思い出し、切ない気持ちになった。
その頃、英治は花を持ち妻の病室に向かっていた。英治の妻、香澄(中村ゆり)は美しい人物だったのである。

ここまでが、6月30日に放送された朝ドラ「花子とアン」第79話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第80話のあらすじを知りたい方は、第80話『梶原の激励』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第79話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第79話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン79話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第14週目第79話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。